• ホーム
  • ETV7は抗ウイルス遺伝子の発現とインフルエンザウイルスの抑制を制限する

ETV7は抗ウイルス遺伝子の発現とインフルエンザウイルスの抑制を制限する

ETV7 limits antiviral gene expression and control of influenza viruses

Research Article

Science Signaling 13 Jul 2021:
Vol. 14, Issue 691, eabe1194
DOI: 10.1126/scisignal.abe1194

Heather M. Froggatt, Alfred T. Harding, Ryan R. Chaparian, Nicholas S. Heaton*

Department of Molecular Genetics and Microbiology, Duke University School of Medicine, Durham, NC 27710, USA.

* Corresponding author. Email: nicholas.heaton@duke.edu

要約

I型インターフェロン(IFN)応答は、ウイルス感染に対する自然免疫応答の重要な要素である。IFN応答遺伝子(ISG)の発現が不十分であると、ウイルス伝播を制限できなくなる可能性がある一方、過剰なISG活性化はIFNに関連した病態につながる可能性があるため、IFN応答の正確な制御がきわめて重要である。正と負の両方の調節因子がIFNシグナル伝達の大きさと持続時間を制御しているが、いくつかのISGが、IFN応答そのものの性質を調節することもわかっている。この研究でわれわれは、CRISPR活性化スクリーニングを実施し、I型IFN応答のこれまで知られていなかった調節因子を同定した。ETSバリアント転写因子7(ETV7)をコードする、強く誘導されるISGが、I型IFN応答の負の調節因子であることを確認した。しかし、ETV7はISGの転写を均一に抑制するわけではなかった。代わりにETV7は、IFNを介するインフルエンザウイルスの抑制に特に重要な、一部の抗ウイルスISGを選択的に標的とした。総合すると、われわれのデータにより、ETV7にIFN応答調節因子としての機能が与えられ、さらに、ETV7が自然抗ウイルス応答を高め、IFNベースの抗ウイルス療法を増強するための治療標的候補として同定される。

Citation: H. M. Froggatt, A. T. Harding, R. R. Chaparian, N. S. Heaton, ETV7 limits antiviral gene expression and control of influenza viruses. Sci. Signal. 14, eabe1194 (2021).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2021年7月13日号

Editor's Choice

腫瘍浸潤を促進する

Research Article

伸長因子eEF1A2は樹状突起棘において翻訳とアクチン動態を制御する

ETV7は抗ウイルス遺伝子の発現とインフルエンザウイルスの抑制を制限する

最新のResearch Article記事

2021年10月5日号

cAMP生成の空間バイアスがPTH 1型受容体活性化に対する生物学的応答を決定する

T細胞の4つのPGE2受容体の個別および共通のシグナル伝達ネットワークを、システムズ・アプローチから解明

2021年9月28日号

SIRPαはSHP-2を隔離してIL-4およびIL-13のシグナル伝達とマクロファージのオルタナティブ活性化を促進する

メタボロミクスによるT細胞誘導性大腸炎の活性スクリーニングから抗炎症性代謝物を解明

2021年9月21日号

ラパマイシンの範囲を超えるmTORC1の生物学を解明する