• ホーム
  • 限定されたTCRγδ関連Syk活性がPI3Kを利用して胸腺におけるIL-17A分泌γδ T細胞の発達を促進する

限定されたTCRγδ関連Syk活性がPI3Kを利用して胸腺におけるIL-17A分泌γδ T細胞の発達を促進する

Constrained TCRγδ-associated Syk activity engages PI3K to facilitate thymic development of IL-17A-secreting γδ T cells

Research Article

Science Signaling 20 Jul 2021:
Vol. 14, Issue 692, eabc5884
DOI: 10.1126/scisignal.abc5884

Nital Sumaria, Stefania Martin, Daniel J. Pennington*

Blizard Institute, Barts and The London School of Medicine and Dentistry, Queen Mary University of London, 4 Newark Street, London E1 2AT, UK.

* Corresponding author. Email: d.pennington@qmul.ac.uk

要約

マウスγδ17細胞は、γδ T細胞受容体(TCRγδ)を有し、インターロイキン17A(IL-17A)を分泌するT細胞であり、胸腺で生成され、多様な免疫反応においてきわめて重要である。インターフェロンγ(IFN-γ)分泌γδ細胞(γδIFN細胞)の発達には強いTCRγδシグナルが必要だが、γδ17細胞の生成には、比較的弱いTCRγδシグナル伝達が必要である。本稿でわれわれは、TCRγδ下流のキナーゼSykの限定された活性化が胸腺におけるγδ細胞の発達に必要であることを示した。TCRγδを刺激してSyk活性を亢進させても、Sykを阻害してSyk活性を低下させても、それぞれ、γδ17細胞数が大幅に減少した。このように限定された範囲内のSyk活性が、ホスホイノシチド3キナーゼ(PI3K)−Aktシグナル伝達経路を至適に利用し、IL-17プログラムのマスターレギュレーターであるRORγtおよびc-Mafの発現を維持した。PI3Kを阻害すると、γδ17細胞の発達が抑制されただけでなく、これまでに記述されていない特有のγδ T細胞サブセットの発達が増強された。このCD8+Ly6a+ γδ T細胞は、I型IFN遺伝子発現特性を有し、IFN-βによる刺激に応答して膨張した。まとめると、これらの研究は、比較的弱いTCRγδシグナル伝達が特有のシグナル伝達経路に関与してγδ17細胞の運命を特定し、γδ T細胞の発達におけるI型IFNの役割を同定する様子を明らかにするものである。

Citation: N. Sumaria, S. Martin, D. J. Pennington, Constrained TCRγδ-associated Syk activity engages PI3K to facilitate thymic development of IL-17A-secreting γδ T cells. Sci. Signal. 14, eabc5884 (2021).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2021年7月20日号

Editor's Choice

ニューロテンシンによる熱産生の抑制

Research Article

限定されたTCRγδ関連Syk活性がPI3Kを利用して胸腺におけるIL-17A分泌γδ T細胞の発達を促進する

結合パートナーの酸素依存性変化と翻訳後修飾がHIF-1α/2αの存在量と活性を調節する

最新のResearch Article記事

2021年10月5日号

cAMP生成の空間バイアスがPTH 1型受容体活性化に対する生物学的応答を決定する

T細胞の4つのPGE2受容体の個別および共通のシグナル伝達ネットワークを、システムズ・アプローチから解明

2021年9月28日号

SIRPαはSHP-2を隔離してIL-4およびIL-13のシグナル伝達とマクロファージのオルタナティブ活性化を促進する

メタボロミクスによるT細胞誘導性大腸炎の活性スクリーニングから抗炎症性代謝物を解明

2021年9月21日号

ラパマイシンの範囲を超えるmTORC1の生物学を解明する