• ホーム
  • 甲状腺ホルモンシグナル伝達は転写因子ChREBPを介して肝臓の脂質生成を促進する

甲状腺ホルモンシグナル伝達は転写因子ChREBPを介して肝臓の脂質生成を促進する

Thyroid hormone signaling promotes hepatic lipogenesis through the transcription factor ChREBP

Research Article

SCIENCE SIGNALING
16 Nov 2021 Vol 14, Issue 709
DOI: 10.1126/scisignal.abh3839

Arturo Mendoza1, Catherine Tang2, Jinyoung Choi1, Mariana Acuña3, Maya Logan1, Adriana G. Martin1, Lujain Al-Sowaimel2, Bhavna N. Desai2, Danielle E. Tenen2, Christopher Jacobs2, Anna Lyubetskaya2, Yulong Fu4, Hong Liu4,†, Linus Tsai2, David E. Cohen3, Douglas Forrest4, Andrew A. Wilson5, Anthony N. Hollenberg1,*

  1. 1 Division of Endocrinology, Diabetes and Metabolism, Joan & Sanford I. Weill Department of Medicine, Weill Cornell Medical College, New York, NY 10021, USA.
  2. 2 Division of Endocrinology, Diabetes and Metabolism, Beth Israel Deaconess Medical Center and Harvard Medical School, Boston, MA 02115, USA.
  3. 3 Division of Gastroenterology and Hepatology, Joan & Sanford I. Weill Department of Medicine, Weill Cornell Medical College, New York, NY 10021, USA.
  4. 4 Laboratory of Endocrinology and Receptor Biology, NIDDK, National Institutes of Health, Bethesda, MD 20892, USA.
  5. 5 Center for Regenerative Medicine (CReM) of Boston University and Boston Medical Center, Boston, MA 02118, USA.

* Corresponding author. Email: thollenb@med.cornell.edu

† Present address: Division of Genomic Diagnostics & Bioinformatics, Department of Pathology, University of Alabama at Birmingham, Birmingham, AL 35249, USA.

要約

甲状腺ホルモン(TH)の作用は、肝臓の脂質の合成と酸化に不可欠である。肝細胞特異的甲状腺受容体β1(TRβ1)ノックアウトマウスの解析により、核内受容体を介したde novo脂質生成および脂肪酸酸化の刺激におけるTHの役割が確認された。具体的には、肝細胞におけるTRβ1とその主要なコリプレッサーNCoR1は、de novo脂質生成を抑制したが、THを介した脂質生成遺伝子の誘導は転写因子ChREBPに依存していた。ChREBPの肝細胞特異的欠損マウスは、脂質生成プログラムのTHを介した刺激を失い、次に脂肪酸酸化の調節を損なった。THは、ChREBPの活性化とDNAへの動員を調節し、THが特定のシグナル伝達経路を調節する機構を明らかにした。ChREBPを介したTHによる脂質生成経路の調節は、ヒト人工多能性幹細胞由来の肝細胞で保存されていた。これらの結果は、肝臓でのTHシグナル伝達が同時に作用して、脂質生成と脂肪酸酸化の両方を強化することを示している。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2021年11月16日号

Editor's Choice

受容体とのインターフェース

Research Article

NADPHデュアルオキシダーゼDUOX1/DUOX2はNAADPを合成し、これがT細胞活性化におけるCa2+シグナル伝達に必要

甲状腺ホルモンシグナル伝達は転写因子ChREBPを介して肝臓の脂質生成を促進する

最新のResearch Article記事

2021年12月21日号

JNKおよびcGAS-STINGを介したIL19発現の誘導はDNA損傷により誘導されるサイトカイン産生を調節する

α2aアドレナリン受容体が刺激される前後のSNARE複合体に対する、Gβγサブユニットの特異性

コロニン1-PI3Kδ経路によるカスパーゼ8活性の抑制はTCRおよびIL-7シグナル伝達とは独立にT細胞の生存を促進する

2021年12月14日号

脂肪細胞におけるIP3RによるCa2+シグナル伝達の異常が、肥満において炎症を代謝調節不全に結び付ける

PLCβ4のブドウ膜黒色腫関連変異は恒常的に活性化されメラノサイトの増殖と腫瘍形成を促進する