• ホーム
  • IFNAR1とIFNAR2はI型インターフェロン誘導性JAK-STATシグナル伝達の開始とSTATの活性化において別個の役割を担う

IFNAR1とIFNAR2はI型インターフェロン誘導性JAK-STATシグナル伝達の開始とSTATの活性化において別個の役割を担う

IFNAR1 and IFNAR2 play distinct roles in initiating type I interferon-induced JAK-STAT signaling and activating STATs

Research Article

SCIENCE SIGNALING
23 Nov 2021 Vol 14, Issue 710
DOI: 10.1126/scisignal.abe4627

Maya Shemesh1,†, Sara Lochte2,†, Jacob Piehler2, Gideon Schreiber1,*

  1. 1 Department of Biomolecular Sciences, Weizmann Institute of Science, Rehovot, Israel.
  2. 2 Department of Biology and Center of Cellular Nanoanalytics, University of Osnabrück, 49076 Osnabrück, Germany.

* Corresponding author. Email: gideon.schreiber@weizmann.ac.il

† These authors contributed equally to this work.

要約

I型インターフェロンはサブユニットIFNAR1、IFNAR2で構成される細胞表面受容体に結合し、IFNAR1、IFNAR2の細胞内ドメイン(ICD)はそれぞれキナーゼTYK2、JAK1と会合する。リガンドの結合はTYK2、JAK1の交差リン酸化を引き起こし、その後、TYK2、JAK1によって、受容体サブユニットのICDと転写因子STATファミリーのメンバーのチロシン残基がリン酸化される。リン酸化されたSTATは核内に移行して転写を駆動する。われわれは、ノックアウト細胞の受容体変異体を解析し、受容体のICDの多様な領域について機能上の重要性を調べた。IFNAR1の場合、シグナル伝達にはICDのTYK2結合部位のみが必要であった。対照的に、IFNAR2ではICDの逐次的なトランケーションに比例して構成的なSTATの結合、STATのリン酸化、標的遺伝子の活性化が減少した。これらの知見は、ICDに沿った非連続的なストレッチがSTATと相互作用するモデルと合致する。IFNAR1 ICDのチロシン残基はシグナル伝達に必要なく、IFNAR2 ICDの単一チロシンを変異させてもシグナルの活性化に影響しなかった。しかし、IFNAR2-ICDのすべてのチロシン残基を同時に変異させると、STATのリン酸化、STATに媒介される転写活性化、抗ウイルス活性は減少したが、構成的なSTAT2結合は減少しなかった。われわれは、IFNAR2-ICDのチロシンのリン酸化がリン酸化されたSTATの解離を駆動し、それによってシグナル伝達の流れを高レベルに維持していることを提唱する。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2021年11月23日号

Editor's Choice

B細胞を繕う

Research Article

IFNAR1とIFNAR2はI型インターフェロン誘導性JAK-STATシグナル伝達の開始とSTATの活性化において別個の役割を担う

脂肪細胞由来エクソソームは2型糖尿病における乳がんの進行を促進する可能性がある

最新のResearch Article記事

2021年12月21日号

JNKおよびcGAS-STINGを介したIL19発現の誘導はDNA損傷により誘導されるサイトカイン産生を調節する

α2aアドレナリン受容体が刺激される前後のSNARE複合体に対する、Gβγサブユニットの特異性

コロニン1-PI3Kδ経路によるカスパーゼ8活性の抑制はTCRおよびIL-7シグナル伝達とは独立にT細胞の生存を促進する

2021年12月14日号

脂肪細胞におけるIP3RによるCa2+シグナル伝達の異常が、肥満において炎症を代謝調節不全に結び付ける

PLCβ4のブドウ膜黒色腫関連変異は恒常的に活性化されメラノサイトの増殖と腫瘍形成を促進する