• ホーム
  • DOK3はホスファターゼPP4CがT細胞シグナル伝達メディエーターCARD11を阻害できるようにすることでアトピー性皮膚炎を促進する

DOK3はホスファターゼPP4CがT細胞シグナル伝達メディエーターCARD11を阻害できるようにすることでアトピー性皮膚炎を促進する

DOK3 promotes atopic dermatitis by enabling the phosphatase PP4C to inhibit the T cell signaling mediator CARD11

Research Article

SCIENCE SIGNALING
31 Oct 2023 Vol 16, Issue 809
[DOI: 10.1126/scisignal.adg5171]

Jia Tong Loh1, 2, *, Joey Kay Hui Teo1, Srinivasaraghavan Kannan3, Chandra S. Verma2, 3, 4, Anand Kumar Andiappan1, Hong-Hwa Lim1, Kong-Peng Lam1, 2, 5, *

  1. 1 Singapore Immunology Network (SIgN), Agency for Science, Technology and Research (A*STAR), 8A Biomedical Grove, Immunos, Singapore 138648, Republic of Singapore.
  2. 2 School of Biological Sciences, College of Science, Nanyang Technological University, 60 Nanyang Drive, Singapore 637551, Republic of Singapore.
  3. 3 Bioinformatics Institute, Agency for Science, Technology and Research (A*STAR), 30 Biopolis Street, Singapore 138671, Republic of Singapore.
  4. 4 Department of Biological Sciences, National University of Singapore, 16 Science Drive 4, Singapore 117558, Republic of Singapore.
  5. 5 Department of Microbiology and Immunology, Yong Loo Lin School of Medicine, National University of Singapore, 5 Science Drive 2, Singapore 117545, Republic of Singapore.

* Corresponding author. Email: jiatong.loh@ntu.edu.sg (J.T.L.); lam_kong_peng@immunol.a-star.edu.sg (K.-P.L.)

Editor's summary

アトピー性皮膚炎(湿疹の一種)は、原因不明のかゆみと痛みを伴う炎症性皮膚疾患であり、一部の患者ではT細胞シグナル伝達メディエーターCARD11の機能低下と関連している。Lohらは、マウスで足場タンパク質がCARD11の抑制とアトピー性皮膚炎症状の重症化に寄与する可能性を発見した。患者の血液細胞に豊富に存在し、患者由来のCARD11変異体に強く結合する足場タンパク質DOK3は、ホスファターゼPP4CをCARD11に動員し、機能的に不活性化してT細胞制御を障害した。DOK3の存在量を減らすと、アトピー性皮膚炎モデルマウスの症状が軽減された。したがって、DOK3-CARD11相互作用の強さが、アトピー性皮膚炎患者の症状の重症度を予測する可能性がある。—Leslie K. Ferrarelli

要約

足場タンパク質CARD11は、リンパ球における抗原受容体シグナル伝達の重要なメディエーターである。CARD11の低形質(部分的な機能欠失)変異は重度のアトピー性皮膚炎の発症と関連しており、T細胞受容体シグナル伝達が低下し、ヘルパーT細胞の分化がアレルギー関連2型表現型に偏る。本稿で、われわれはドッキングタンパク質DOK3がCARD11の活性を抑制することによりアトピー性皮膚炎の発症に重要な役割を果たすことを見出した。DOK3はCARD11と相互作用し、プロテインホスファターゼ4の触媒サブユニットを動員することによりT細胞におけるリン酸化を減少させ、それによって下流のシグナル伝達を弱めた。Dok3をノックアウトすると、T細胞によるサイトカインIFN-γの産生が亢進し、マウスの実験的アトピー性皮膚炎様の皮膚炎症に対する保護効果が得られた。DOK3の発現は、アトピー性皮膚炎患者から単離されたT細胞で増加しており、IFNGの発現と逆相関していた。アトピー性皮膚炎患者に見られる低形質性CARD11変異体のサブセットは、野生型CARD11よりも強くDOK3に結合した。われわれの知見は、DOK3とCARD11の相互作用の強さがアトピー性皮膚炎発症の素因となる可能性があることを示唆している。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2023年10月31日号

Editors' Choice

睡眠と寿命はグリアと関係

Focus

変形性関節症の軟骨におけるROS産生エンドソームへのインテグリン依存的なSrcの動員

Research Article

変形性関節症ではレドックス活性のあるエンドソームがα5β1インテグリンシグナル伝達を仲介し、軟骨細胞のマトリックスメタロプロテアーゼ産生を促進する

DOK3はホスファターゼPP4CがT細胞シグナル伝達メディエーターCARD11を阻害できるようにすることでアトピー性皮膚炎を促進する

最新のResearch Article記事

2024年7月16日号

ヒト単球ではグルコース-酸素の欠乏がHMGCR機能とRac1のプレニル化を抑制し、NLRP3インフラマソームを活性化している

2024年7月16日号

Kv1.3誘導性過分極はカポジ肉腫関連ヘルペスウイルスの効率的な溶解複製に必要である

2024年7月9日号

潜在型細胞外マトリックス複合体からのTGF-β1放出を阻害する抗体が腎線維化の進行を軽減する

2024年7月2日号

改変ミニGタンパク質は対応するGPCRの内在化を妨げ、下流の細胞内シグナル伝達を阻害する

2024年7月2日号

YAPはTEAD–NF-κB複合体を抑制して淡明細胞型腎細胞がんの成長を阻害する