• ホーム
  • STINGはサイトゾルDNAシグナル伝達経路においてTBK1によるIRF3リン酸化を指定する

STINGはサイトゾルDNAシグナル伝達経路においてTBK1によるIRF3リン酸化を指定する

STING Specifies IRF3 Phosphorylation by TBK1 in the Cytosolic DNA Signaling Pathway

Research Article

Sci. Signal., 6 March 2012
Vol. 5, Issue 214, p. ra20
[DOI: 10.1126/scisignal.2002521]

Yasuo Tanaka1 and Zhijian J. Chen1,2*

1 Department of Molecular Biology, University of Texas Southwestern Medical Center, Dallas, TX 75390–9148, USA.
2 Howard Hughes Medical Institute, University of Texas Southwestern Medical Center, Dallas, TX 75390–9148, USA.

* To whom correspondence should be addressed. E-mail: zhijian.chen@utsouthwestern.edu

要約:サイトゾルの二本鎖DNA(dsDNA)は、転写因子であるIRF3(インターフェロン調節因子3)を活性化する小胞体(ER)局在アダプタータンパク質STING(IFN遺伝子刺激因子)を介して、I型インターフェロン(IFN)産生を刺激する。しかし、STINGがどのようにしてIRF3を活性化するかは不明である。本稿では、in vitro再構成系において、STINGがキナーゼTBK1(TANK結合キナーゼ1)によるIRF3のリン酸化を刺激することを明らかにした。われわれは、この系を用いて、STINGのカルボキシ末端領域がTBK1を活性化して、IRF3のリン酸化を刺激する上で必要十分であることを明らかにした。また、STINGがTBK1およびIRF3と相互作用すること、IRF3との結合を選択的に阻害するSTINGの突然変異はTBK1活性を損なうことなく、IRF3のリン酸化を抑制することも明らかにした。これらの結果は、STINGは足場タンパク質として機能して、TBK1によるIRF3のリン酸化を特定し、促進することを示唆する。このSTING(およびおそらくは他のアダプタータンパク質)の足場機能は、TBK1を活性化するシグナル伝達経路サブセットにおいてのみIRF3が活性化される理由を説明すると考えられる。

Y. Tanaka, Z. J. Chen, STING Specifies IRF3 Phosphorylation by TBK1 in the Cytosolic DNA Signaling Pathway. Sci. Signal. 5, ra20 (2012).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2012年3月6日号

Editor's Choice

細胞生物学
単なるプロテアーゼにあらず

Research Article

AktとERKは、細胞周期抑制因子p57Kip2を介して、増殖因子IGF-1およびEGFに対する乳腺上皮細胞の増殖応答を制御する

STINGはサイトゾルDNAシグナル伝達経路においてTBK1によるIRF3リン酸化を指定する

Perspectives

サイトゾルのDNA依存性IRF3活性化に対するSTING末端の働き

最新のResearch Article記事

2021年7月20日号

限定されたTCRγδ関連Syk活性がPI3Kを利用して胸腺におけるIL-17A分泌γδ T細胞の発達を促進する

結合パートナーの酸素依存性変化と翻訳後修飾がHIF-1α/2αの存在量と活性を調節する

2021年7月13日号

伸長因子eEF1A2は樹状突起棘において翻訳とアクチン動態を制御する

ETV7は抗ウイルス遺伝子の発現とインフルエンザウイルスの抑制を制限する

2021年7月6日号

長鎖ポリリン酸がSARS-CoV-2の感染と複製を損なわせる