• ホーム
  • 組織恒常性においてRas-GTPase活性化タンパク質が果たす非冗長な働き

組織恒常性においてRas-GTPase活性化タンパク質が果たす非冗長な働き

Nonredundant Functions for Ras GTPase-Activating Proteins in Tissue Homeostasis

Reviews

Sci. Signal., 26 February 2013
Vol. 6, Issue 264, p. re1
[DOI: 10.1126/scisignal.2003669]

Philip D. King*, Beth A. Lubeck, and Philip E. Lapinski

Department of Microbiology and Immunology, University of Michigan Medical School, Ann Arbor, MI 48109, USA

* Corresponding author. E-mail: kingp@umich.edu

要約:受容体シグナル伝達の間に生じる小分子グアノシン三リン酸結合タンパク質・Rasの不活性化は、Rasグアノシントリホスファターゼ(GTPase)活性化タンパク質(RasGAP)を介している。10種類のRasGAPが同定されており、その組織分布には重複したパターンが見られる。しかし遺伝学的解析により、マウスおよびヒトの組織恒常性において、また疾患プロセスの調節因子として、各RasGAPが重要な、重複しない働きをもつことが明らかとなった。本稿では、組織完全性の維持にRasGAPが果たす役割に関する、最新の知見について考察する。

P. D. King, B. A. Lubeck, P. E. Lapinski, Nonredundant Functions for Ras GTPase-Activating Proteins in Tissue Homeostasis. Sci. Signal. 6, re1 (2013).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2013年2月26日号

Editor's Choice

加齢
低温での転写による長寿

Research Resources

ミトコンドリアの逆行性シグナル伝達経路を解読するためのシステム手法

ハイスループットなデータセットのタンパク質複合体に基づく解析フレームワーク

Reviews

組織恒常性においてRas-GTPase活性化タンパク質が果たす非冗長な働き

最新のReviews記事

2020年3月24日号

生死不問のおたずね者RAS:RAS変異がん標的治療の進展

2020年2月18日号

慢性炎症性疾患の治療薬としてのSMAC模倣薬およびRIPK阻害剤

2020年1月7日号

コンテキスト特異的PI3Kシグナル伝達コードを解く

2019年9月17日号

細胞内病原体による宿主細胞受容体チロシンキナーゼの標的化

2019年8月13日号

偽酵素の分類、進化、およびシグナル伝達の新しい概念