• ホーム
  • 解明されつつある内皮の生物学におけるPLCγ1の役割

解明されつつある内皮の生物学におけるPLCγ1の役割

Emerging roles of PLCγ1 in endothelial biology

Reviews

Science Signaling 03 Aug 2021:
Vol. 14, Issue 694, eabc6612
DOI: 10.1126/scisignal.abc6612

Dongying Chen and Michael Simons*

Yale Cardiovascular Research Center, Departments of Internal Medicine and Cell Biology, Yale University School of Medicine, New Haven, CT 06511, USA.

* Corresponding author. Email: michael.simons@yale.edu

要約

ホスホリパーゼCγ1(PLCγ1)は、膜脂質を加水分解してセカンドメッセンジャーを産生させることでシグナルトランスデューサーとして働く、PLCファミリーのメンバーである。PLCγ1がもつ固有のタンパク質構造が、直接的なVEGFR2エフェクターとしての重要な役割をPLCγ1にもたらし、他の受容体チロシンキナーゼが介するシグナル伝達を可能にしている。PLCγ1欠損動物モデルにおける特徴的な血管表現型、およびヒト内皮がんで認められるPLCγ1機能獲得型変異は、PLCγ1が内皮系で果たしている重要な生理的役割を示唆している。本総説においてわれわれは、PLCγ1を中心とした生理的および分子的機能の側面を内皮細胞との関連で考察し、将来の研究の展望を示している。

Citation: D. Chen, M. Simons, Emerging roles of PLCγ1 in endothelial biology. Sci. Signal. 14, eabc6612 (2021).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2021年8月3日号

Editor's Choice

細胞間クロストークがアルツハイマー病を抑制

Research Article

β-アレスチン依存性ERKシグナル伝達がマウスにおいて不安様行動と条件付け恐怖関連行動を減少させる

ゲノムワイドなスクリーニングによって、インフラマソーム活性化においてミトコンドリアヌクレオシド二リン酸キナーゼDが担う複数の役割が明らかに

Reviews

解明されつつある内皮の生物学におけるPLCγ1の役割

最新のReviews記事

2021年9月28日号

ウォルフラム症候群関連に関連した異なるタンパク質WFS1とCISD2のCa2+シグナル伝達モジュレーターとしての統合

2021年8月24日号

線維代謝―肺線維症における新たな治療の最先端

2021年8月3日号

解明されつつある内皮の生物学におけるPLCγ1の役割

2021年4月6日号

オピオイド受容体の偏向リガンド:現状と将来の方向性

2021年2月2日号

ロケーション、ロケーション、ロケーション:TNF誘導性ネクロトーシスシグナル伝達の区画化した見方