• ホーム
  • 単一細胞解像度における脂質ラフト構成要素の迅速なマルチプレックス解析

単一細胞解像度における脂質ラフト構成要素の迅速なマルチプレックス解析

Rapid multiplex analysis of lipid raft components with single-cell resolution

Research Resources

Sci. Signal. 22 Sep 2015:
Vol. 8, Issue 395, pp. rs11
DOI: 10.1126/scisignal.aac5584

Philipp Schatzlmaier,1 Verena Supper,1 Lisa Göschl,2,3 Alexander Zwirzitz,1 Paul Eckerstorfer,1 Wilfried Ellmeier,2 Johannes B. Huppa,1 * Hannes Stockinger1 *

1 Institute for Hygiene and Applied Immunology, Center for Pathophysiology, Infectiology and Immunology, Medical University of Vienna, Lazarettgasse 19, A-1090 Vienna, Austria.
2 Institute of Immunology, Center for Pathophysiology, Infectiology and Immunology, Medical University of Vienna, Lazarettgasse 19, A-1090 Vienna, Austria.
3 Division of Rheumatology, Department of Internal Medicine III, Medical University of Vienna, Währinger Gürtel 18-20, A-1090 Vienna, Austria.

*Corresponding author. E-mail: johannes.huppa@meduniwien.ac.at (J.B.H.); hannes.stockinger@meduniwien.ac.at (H.S.)

要約  脂質ラフトは、特徴的なクラスの高度に動的な細胞膜マイクロドメインであり、細胞のホメオスタシス、分化、およびシグナル伝達に不可欠である。しかし、希少な細胞、発生的に異質な細胞集団、あるいは脂質ラフトとの会合が弱い分子を使用する場合、脂質ラフトの定量的分析は困難である。われわれは、非イオン性界面活性剤を通すことによる遠心分離中の部分溶解で核に付随する脂質ラフトの構成要素に基づく迅速な生化学的手法を示す。われわれのプロトコールは、開始に必要な実験材料や労力が少なく、ラフトに存在するタンパク質の単一細胞解像度における多次元フローサイトメトリー定量を可能にした。それにより、複合的な細胞集団における少数の細胞から、細胞シグナル伝達、分化、遺伝子変異がもたらす動態に加えて、膜構成要素を決定することが可能になる。

Citation: P. Schatzlmaier, V. Supper, L. Göschl, A. Zwirzitz, P. Eckerstorfer, W. Ellmeier, J. B. Huppa, H. Stockinger, Rapid multiplex analysis of lipid raft components with singlecell resolution. Sci. Signal. 8, rs11 (2015).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2015年9月22日号

Editor's Choice

免疫学
核に適応する

Research Article

網膜の神経細胞とグリア細胞のSOCS3はVEGFシグナル伝達を抑制して病的な血管新生を防ぐ

細胞外シグナル伝達における外在化カルジオリピンの2つの役割:食作用の促進と自然免疫の減弱

Research Resources

単一細胞解像度における脂質ラフト構成要素の迅速なマルチプレックス解析

最新のResearch Resources記事

2018年4月17日号

インターロイキン-2は細胞傷害性T細胞プロテオームおよび免疫環境感知プログラムを形作る

2018年3月6日号

cAMPr:環状AMPに対する単一波長蛍光センサー

2017年12月5日号

オキシトシンのわずかな修飾によって効力を維持したまま種を通じた選択性を改善するリガンドが生成される

2017年11月14日号

Affimer(Adhiron)技術を用いたSUMO-1およびSUMO-2/3媒介タンパク質間相互作用の特異的阻害剤の作製

2017年10月31日号

TLR4の定量的単一分子イメージングによってリガンド特異的な受容体の二量体化が明らかに