• ホーム
  • 遺伝子にコードされたプローブを用いたマウス酸化還元状態の組織検査

遺伝子にコードされたプローブを用いたマウス酸化還元状態の組織検査

Mouse redox histology using genetically encoded probes

Research Resources

Sci. Signal. 15 Mar 2016:
Vol. 9, Issue 419, pp. rs1
DOI: 10.1126/scisignal.aad3895

Yuuta Fujikawa1,*,†, Leticia P. Roma1,*, Mirko C. Sobotta1, Adam J. Rose2, Mauricio Berriel Diaz2,3, Giuseppe Locatelli4, Michael O. Breckwoldt4,5,‡, Thomas Misgeld5,6,7, Martin Kerschensteiner4,6, Stephan Herzig2,3, Karin Müller-Decker8, and Tobias P. Dick1,§

1 Division of Redox Regulation, DKFZ–ZMBH (German Cancer Research Center–Center for Molecular Biology of the University of Heidelberg) Alliance, DKFZ, Im Neuenheimer Feld 280, 69120 Heidelberg, Germany.
2 Joint Division Molecular Metabolic Control, DKFZ-ZMBH Alliance, DKFZ Heidelberg, Center for Molecular Biology (ZMBH) and University Hospital, University of Heidelberg, 69120 Heidelberg, Germany.
3 Institute for Diabetes and Cancer (IDC) and Joint Heidelberg–IDC Translational Diabetes Program, Heidelberg University Hospital, Helmholtz Center Munich, 85764 Neuherberg, Germany.
4 Institute of Clinical Neuroimmunology, Ludwig-Maximilians-Universität München, 81377 Munich, Germany.
5 Institute of Neuronal Cell Biology, Technical University of Munich, 80802 Munich, Germany.
6 Munich Cluster for Systems Neurology (SyNergy), 81377 Munich, Germany.
7 German Center for Neurodegenerative Diseases (DZNE), 81377 Munich, Germany.
8 Core Facility Tumor Models, DKFZ, 69120 Heidelberg, Germany.

§ Corresponding author. E-mail: t.dick@dkfz.de

* These authors contributed equally to this work.

† Present address: School of Life Sciences, Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences, 1432-1 Horinouchi, Hachioji, Tokyo 192-0392, Japan.

‡ Present address: Department of Neuroradiology, University of Heidelberg, Im Neuenheimer Feld 400, 69120 Heidelberg, Germany.

要約  動物組織における内因性オキシダントの生体内分布をマッピングすることは、生物医学的にきわめて興味深い。食事、運動、感染、老化、毒素または薬理学的介入をはじめとする数多くの健康関連因子が、酸化還元変化を引き起こすと考えられる。特定の器官、組織、細胞種および細胞小器官について酸化還元状態の変化を特定するためには、ツールが必要である。われわれは、遺伝子にコードされた酸化還元バイオセンサーのin vivoの酸化還元状態を、組織検査切片内で保持する手順を記述する。それにより組織の「酸化還元マップ」を作成し、関心対象の比較を行うことができる。腫瘍増殖、炎症、胚発生および栄養飢餓における内在的な酸化還元状態の差異や変化を可視化することで、この技術の有用性を実証する。

Citation: Y. Fujikawa, L. P. Roma, M. C. Sobotta, A. J. Rose, M. B. Diaz, G. Locatelli, M. O. Breckwoldt, T. Misgeld, M. Kerschensteiner, S. Herzig, K. Müller-Decker, T. P. Dick, Mouse redox histology using genetically encoded probes. Sci. Signal. 9, rs1 (2016).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年3月15日号

Editor's Choice

発生
母体感染から胎児脳の発生異常に至るまで

Research Article

gp130-STAT3シグナル伝達を促進する内皮炎症誘発性ペプチドとしてのIL-23p19の同定

リーリンが欠損すると白血球−内皮細胞接着と病変のマクロファージ集積が減少してアテローム性動脈硬化症が予防される

Research Resources

遺伝子にコードされたプローブを用いたマウス酸化還元状態の組織検査

最新のResearch Resources記事

2020年2月4日号

がんにおけるGタンパク質シグナル伝達タンパク質の調節因子の変異ランドスケープの探索

2020年1月28日号

PP2Aの触媒サブユニットのC末端を認識する抗体はPP2Aの活性とホロ酵素の構成の評価には不向きである

抗Mycタグモノクローナル抗体9E10は、隣接する配列前後関係に依存する変動の大きいエピトープ認識を示す

2019年12月10日号

高血圧性腎の代謝再配線

2019年11月26日号

ヒトセクレトーム