• ホーム
  • EGFRリン酸化のライブセルイメージングのための組換えタンパク質バイオセンサーの設計と評価

EGFRリン酸化のライブセルイメージングのための組換えタンパク質バイオセンサーの設計と評価

Design and evaluation of engineered protein biosensors for live-cell imaging of EGFR phosphorylation

Research Resources

Sci. Signal. 04 Jun 2019:
Vol. 12, Issue 584, eaap7584
DOI: 10.1126/scisignal.aap7584

Karthik Tiruthani1,*, Adam Mischler1,*, Shoeb Ahmed2,*, Jessica Mahinthakumar1, Jason M. Haugh1,†, and Balaji M. Rao1,†

1 Department of Chemical and Biomolecular Engineering, North Carolina State University, Raleigh, NC 27695, USA.
2 Department of Chemical Engineering, Bangladesh University of Engineering and Technology, Dhaka-1000, Bangladesh.

† Corresponding author. Email: jmhaugh@ncsu.edu (J.M.H.); bmrao@ncsu.edu (B.M.R.)

* These authors contributed equally to this work.

要約

ライブセル蛍光顕微鏡は、受容体媒介細胞シグナル伝達の動態を研究するために広く用いられているが、細胞内バイオセンサーの利用可能性は限られている。表皮成長因子受容体(EGFR)のリン酸化の測定には、ホスホリパーゼC-γ1(PLCγ1)由来のタンデムSH2ドメインに基づくバイオセンサー(tSH2-WT)が用いられてきた。ここで、われわれは、SH2ドメインの知られている結合対象の選択性の低さと一致して、tSH2-WTがリン酸化EGFRに対する特異性を欠くことを見出した。さらに、EGF刺激によるtSH2-WTの膜動員は、EGFRリン酸化の予想される速度論と質的に異なっていた。数理モデルの分析は、tSH2-WTの高い結合力がその標的の飽和およびEGFRエンドサイトーシスの妨害をもたらすことを示唆し、実験により確認された。見かけの標的特異性および飽和問題を克服するため、われわれは、2つのタンパク質工学戦略を実践した。最初の手法では、PLCγ1のC末端SH2ドメイン(cSH2)のランダム変異誘発によって生成されたコンビナトリアルライブラリーをスクリーニングし、EGFRのリン酸化Tyr992(pTyr992)に対する特異性が強化された変異型(mSH2)を単離した。mSH2に基づくバイオセンサーは、EGFRリン酸化の速度論を厳密にリポートしつつ、tSH2-WTと同様の交差反応性も保持していた。第二の手法では、Sso7dタンパク質骨格の変異誘発により生成されたコンビナトリアルライブラリーからpTyr992結合タンパク質(SPY992)を単離した。tSH2-WTおよびmSH2と比較して、SPY992は特異的な中程度の親和性のバイオセンサーとして優れた性能を示した。この手法を拡張して、EGFR pTyr1148に対するバイオセンサー(SPY1148)を単離した。理論的考察をタンパク質工学戦略と統合するこの手法は、さまざまなリン酸特異的標的に適したバイオセンサーを設計および評価するために一般化されうる。

Citation: K. Tiruthani, A. Mischler, S. Ahmed, J. Mahinthakumar, J. M. Haugh, B. M. Rao, Design and evaluation of engineered protein biosensors for live-cell imaging of EGFR phosphorylation. Sci. Signal. 12, eaap7584 (2019).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2019年6月4日号

Editor's Choice

がんとデスドメイン

Research Article

副腎ステロイド,プロゲステロンおよびスピロノラクトンによるゾウギンザメのミネラルコルチコイド受容体の転写活性化

Research Resources

EGFRリン酸化のライブセルイメージングのための組換えタンパク質バイオセンサーの設計と評価

最新のResearch Resources記事

2019年6月4日号

EGFRリン酸化のライブセルイメージングのための組換えタンパク質バイオセンサーの設計と評価

2019年4月23日号

生命樹に亘る偽キナーゼの起源と進化をたどる

近位ビオチン標識がMerlinと細胞結合タンパク質間の一連の立体配座特異的相互作用を特定する

2019年4月2日号

アルギニンメチル化のプロテオミクスプロファイリングによってPRMT5の基質特異性を明らかにする

2019年1月22日号

チロシンキナーゼシグナル伝達の系統的解析からHER2陽性乳がんにおける共通の適応応答プログラムが明らかに