商品情報

記事ID : 37055
研究用

特集:自己免疫疾患研究

このエントリーをはてなブックマークに追加

総説 : 自己免疫疾患の新たな評価方法はあるのか?

多くの自己免疫疾患には、正常なタンパク質に対する抗体が存在するという特徴があります。
例えば、関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis ; RA)では、シトルリン化ペプチドに対する抗体が見られます。また、全身性エリテマトーデス(Systemic Lupus Erythematosus ; SLE)では、二本鎖DNAや核タンパク質に対する抗体が疾患の指標とされています。
自己免疫疾患のなかでも、SLEとシェーグレン症候群や混合性結合組織病とを区別するためには、血中に存在する自己抗体のパターンの違いを見ます。自己抗体の検査は診断に極めて重要な一方、適切な抗体が検出されるまで「正式に」診断できないため、診断を待つ患者にとってはフラストレーションの原因となる可能性があります。さらには、自己抗体の検出が難しい場合もあります。

自己免疫疾患の評価方法の検討

Cellero™ では、自己免疫疾患患者から採取した血漿とMeso Scale社の血管損傷パネルを用いて、4種類のバイオマーカーの利用について評価を行いました。
急性期タンパク質であるC反応性タンパク質(C-reactive protein ; CRP)および血清アミロイドA(serum amyloid A ;SAA)は、一般的に炎症反応の初期に10倍または100倍にも増加します。また、血管内皮細胞の細胞表面に発現するタンパク質であるICAM-1およびVCAM-1について、これらの可溶性タンパク質は、血管内皮損傷を受けた個体の血清および血漿中で見られます。
試験では、下記3 群について、血漿中の各タンパク質の量を測定しました。

  • 関節リウマチ(RA)患者
  • 全身性エリテマトーデス(SLE)患者
  • 様々な自己免疫疾患およびアレルギー疾患の患者

CRP 量について、RA 群では外れ値はあったものの、他の2 群よりも高値を示しました(図1)。SAA 量については、3 群間で同程度でした(図2)。また、CRP 値が高かった患者はSAA 値も高い結果となりました。

血漿中のCRP量の比較

図1 各群における血漿中のCRP量の比較

血漿中SAA量の比較

図2 各群における血漿中SAA量の比較

血管内皮損傷マーカーであるVCAM-1およびICAM-1について、SLE群では、他の2郡と比較し、中央値が高い結果となりました(図3、図4)。CRPの測定結果と比較して顕著な差が認められ、このことより、全身性エリテマトーデスでは血管内皮損傷が起こる傾向にあるのに対し、関節リウマチでは関節損傷が起こる傾向があると考えられます。

血漿中のVCAM-1量の比較

図3 各群の血漿中のVCAM-1量の比較

血漿中のICAM-1量の比較

図4 各群の血漿中のICAM-1量の比較

以上の結果より、バイオマーカー測定は自己免疫疾患における損傷の評価に有用なことが示唆されました。自己抗体が検出限界以下の場合は、急性期タンパク質であるC 反応性タンパク質(CRP)および血清アミロイドA(SAA)や血管内皮損傷マーカーの血中量を調べることで自己免疫疾患の状態を評価できる可能性があります。

自己免疫疾患の経過をモニタリングすることは難しく、より正確に把握するには様々なツールや生体試料を利用する必要があると考えられます。疾患研究をサポートするため、Cellero™では、自己免疫疾患をはじめ、様々な疾患由来の血液細胞(末梢血単核細胞やT 細胞等)、血漿・血清を取り揃えています。

Cosmo Bio would like to acknowledge and thank Cellero™/Astarte Biologics, LLC for providing Autoimmune Desease Activity information presented here.

Cellero™ ヒト血液細胞

メーカー 商品ページ
Astarte Biologics, LLC
(メーカー略号:ASB)

全身性エリテマトーデス(SLE : Systemic Lupus Erythematosus、慢性的な炎症性自己免疫疾患)患者由来の末梢血単核細胞(PBMC)です。

Treg(Regulatory T cell、制御性T細胞)は、他のT細胞の活性化や増殖を抑制する機能を持つT細胞のサブセットの一つです。

Astarte Biologics社は、key Biologics社と統合しブランドをリニューアルしました

関連商品ラインアップ

UltiMapper I/O T-regおよびMDSC免疫染色キット

メーカー 商品ページ
Ultivue, Inc.
(メーカー略号:ULT)

自己免疫疾患研究関連:生体試料

メーカー 商品ページ
AbBaltis社
(メーカー略号:ATS)

AbBaltis社のアレルギー陽性及び自己免疫疾患患者の血漿・血清です。ドナーからはインフォームド・コンセントを取得しており、匿名化しています。

Articular Engineering社
(メーカー略号:ARE)

各組織は、臨床的に各病態(正常、OA+、RA+)を診断されたドナーの膝関節から死後48時間以内もしくは外科手術により、採取されます。適切な倫理ポリシー文書と血清学的検査情報を提供可能です。

自己免疫疾患研究関連:ELISAキット

メーカー 商品ページ
Hycult Biotech
(メーカー略号:HCB)

急性期タンパク質(Acute phase proteins : APP)は、炎症反応に伴い放出レベルの変化が生じる血清タンパク質です。ストレスや疾患のインジケーターとして利用されます。APPの機能はそのほとんどがまだよく分かっていませんが、外部から侵入してきた微生物や微粒子に対するオプソニル化や炎症プロセスの制御など、様々な役割を担っていると推測されています。

Immundiagnostik AG
(メーカー略号:IMD)

カルプロテクチン測定ELISAキットは、炎症性腸疾患(IBD : inflammatory boweldisease)の糞便マーカーであるカルプロテクチン(Calprotectin)を定量します。

自己免疫疾患研究関連:抗体・抗体アレイ

メーカー 商品ページ
コスモ・バイオの新規抗体ブランド「CAC(CosmoBio Antibody Collection )」
(メーカー略号:CAC)

EBNA-LPの全長タンパク質はEBV感染によって不死化させたリンパ芽球株細胞(Lymphoblastoroid cell line : LCL)に発現しています。一方、トランケートタイプはバーキットリンパ腫細胞株であるP3HR1細胞に発現しています。
ご提供者 : 東京大学医科学研究所 感染・免疫部門 ウイルス病態制御分野 教授 川口 寧 先生

本抗体は、フローサイトメトリー(FACS)解析や蛍光顕微鏡下での観察による、ゼブラフィッシュにおけるCD4陽性細胞(ヘルパーT細胞)およびCD8α陽性T細胞(キラーT細胞)の同定や動態観察をすることができます。

RayBiotech, Inc.
(メーカー略号:RBT)

RayBio® 自己免疫疾患IgG抗体アレイは、ヒト自己免疫疾患関連抗原タンパク質に特異的な自己抗体のハイスループットプロファイリングにご利用いただける、半定量的なマルチプレックスアッセイキットです。

自己免疫疾患研究関連:受託サービス

メーカー 商品ページ
RayBiotech, Inc.
(メーカー略号:RBT)

サイトカインを中心に最大で1,000種類のタンパク質を同時検出可能な抗体アレイを用いた定量サービスです。サイトカイン発現のハイスループットプロファイリングや疾患プロセスに関与する重要な因子の同定、疾病予測や疾病管理のためのバイオマーカー探索などの多様なニーズにお応えします。

Single molecule array(Simoa™)測定は通常のサンドイッチベースのELISAに比べ数百倍高感度な手法であり、fg/mLの検出感度を誇り、これまでは検出不可能であったバイオマーカーの検出・定量を実現します。

自己免疫疾患研究関連:モデルマウス由来組織、モデル誘導試薬

メーカー 商品ページ
Hooke Laboratories, Inc.
(メーカー略号:HOK)

実験的自己免疫性脳脊髄炎(Experimental Autoimmune Encephalomyelitis : EAE)マウスの凍結組織をご提供します。厳密に定義された各ステージのサンプルもしくは重症サンプル、コントロールをご用意しています。

マウスに抗原エマルジョンを皮下投与後、百日咳毒素(PTX)の腹腔内投与により自己免疫性脳脊髄炎を誘導する試薬です。

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「特集:自己免疫疾患研究」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO