• ホーム
  • E3ユビキチンリガーゼであるMDM2とHUWE1の基質ネットワークが、p53非依存的にアポトーシスを制御する

E3ユビキチンリガーゼであるMDM2とHUWE1の基質ネットワークが、p53非依存的にアポトーシスを制御する

A Network of Substrates of the E3 Ubiquitin Ligases MDM2 and HUWE1 Control Apoptosis Independently of p53

Research Article

Sci. Signal., 7 May 2013
Vol. 6, Issue 274, p. ra32
[DOI: 10.1126/scisignal.2003741]

Manabu Kurokawa1*, Jiyeon Kim2†, Joseph Geradts3, Kenkyo Matsuura2, Liu Liu4, Xu Ran4, Wenle Xia5, Thomas J. Ribar2, Ricardo Henao6, Mark W. Dewhirst7, Wun-Jae Kim8, Joseph E. Lucas6, Shaomeng Wang4, Neil L. Spector5, and Sally Kornbluth2*

1 Department of Pharmacology and Toxicology, Geisel School of Medicine at Dartmouth, Hanover, NH 03755, USA.
2 Department of Pharmacology and Cancer Biology, Duke University Medical Center, Durham, NC 27710, USA.
3 Department of Pathology, Duke University Medical Center, Durham, NC 27710, USA.
4 Comprehensive Cancer Center, Department of Internal Medicine, and Department of Medicinal Chemistry, University of Michigan, Ann Arbor, MI 48109, USA.
5 Department of Medicine, Duke University Medical Center, Durham, NC 27710, USA.
6 Institute for Genome Sciences and Policy, Duke University Medical Center, Durham, NC 27710, USA.
7 Department of Radiation Oncology, Duke University Medical Center, Durham, NC 27710, USA.
8 Department of Urology, College of Medicine, Chungbuk National University, Cheongju, Chungbuk 361-711, Korea.

† Present address: Children’s Medical Center Research Institute, University of Texas Southwestern Medical Center, 5323 Harry Hines Boulevard, Dallas, TX 75390–8502, USA.

* Corresponding author. E-mail: manabu.kurokawa@dartmouth.edu (M.K.); sally.kornbluth@duke.edu (S.K.)

要約:アポトーシスの内因性経路では、細胞傷害性シグナルがミトコンドリアからのチトクロムc放出を促進し、Apaf-1およびカスパーゼ9アポトソーム活性化のトリガーとして働いている。ユビキチンE3リガーゼのMDM2は、アポトーシス促進因子p53の安定性を低下させる。われわれは、MDM2がアポトソーム活性化因子のCASとユビキチンE3リガーゼのHUWE1をユビキチン化し、それによってアポトーシスイベントをp53非依存的に調和させていることも明らかにした。HUWE1は抗アポトーシス因子であるMcl-1をユビキチン化するが、われわれはまた、HUWE1がPP5(プロテインホスファターゼ5)もユビキチン化し、アポトソームの活性化を間接的に阻害することを認めた。チロシン受容体キナーゼHER2(ヒト上皮増殖因子受容体2)陽性である乳癌は、高度に侵襲的になる傾向がある。HER2チロシンキナーゼ阻害薬のラパチニブで処理したHER2陽性乳癌細胞では、MDM2は分解されHUWE1は安定化していた。対照的に、ラパチニブ耐性を獲得した乳癌細胞では、MDM2の量は減少していなかったがHUWE1は分解され、これがp53の状態にかかわらずアポトーシスを阻害していた。野生型またはp53突然変異の細胞、および異種移植モデルにおいて、MDM2の阻害はラパチニブ耐性を克服するものであった。これらの所見は、アポトーシスにおいてMDM2とHUWE1がp53非依存性の幅広い働きをもつことを示し、特に、ラパチニブ耐性の克服のためMDM2に向けた治療が可能であることを示唆している。

M. Kurokawa, J. Kim, J. Geradts, K. Matsuura, L. Liu, X. Ran, W. Xia, T. J. Ribar, R. Henao, M. W. Dewhirst, W.-J. Kim, J. E. Lucas, S. Wang, N. L. Spector, S. Kornbluth, A Network of Substrates of the E3 Ubiquitin Ligases MDM2 and HUWE1 Control Apoptosis Independently of p53. Sci. Signal. 6, ra32 (2013).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2013年5月7日号

Editor's Choice

バイオフィルム
微生物を多細胞性にする

Research Article

フェノバルビタールは上皮成長因子受容体シグナルの抑制により構成的活性化アンドロスタン受容体(CAR)を間接的に活性化する

E3ユビキチンリガーゼであるMDM2とHUWE1の基質ネットワークが、p53非依存的にアポトーシスを制御する

ショウジョウバエの長期記憶における核カルシウムシグナル伝達の必要性

Perspectives

新パートナーと昔ながらのダンスを:Cyp2Bの発現を媒介するフェノバルビタール受容体として働くEGF受容体

最新のResearch Article記事

2020年3月31日号

4-1BB共刺激は非標準的NF-κBシグナル伝達を介してCAR T細胞の生存を促進する

カルモジュリンはファルネシル化KRAS4bの脂質部分を隔離することでその細胞膜局在化を阻害する

Gタンパク質活性化の固有の有効性の低さにより新しいオピオイドアゴニストの改善された副作用プロファイルを説明できる

2020年3月24日号

ヒト代謝アトラス

非標準的STAT1はリン酸化によって転写活性がLPS誘導性IL-6およびIL-12p40産生の促進に拡大する