• ホーム
  • 血管内皮増殖因子受容体1リガンドの異なる生物学的活性の基盤

血管内皮増殖因子受容体1リガンドの異なる生物学的活性の基盤

The Basis for the Distinct Biological Activities of Vascular Endothelial Growth Factor Receptor–1 Ligands

Research Article

Sci. Signal., 2 July 2013
Vol. 6, Issue 282, p. ra52
[DOI: 10.1126/scisignal.2003905]

Andrey Anisimov1*, Veli-Matti Leppänen2*, Denis Tvorogov1, Georgia Zarkada1,2, Michael Jeltsch1,2, Tanja Holopainen1, Seppo Kaijalainen1, and Kari Alitalo1,2

1 Translational Cancer Biology Program, Biomedicum Helsinki and Helsinki University Central Hospital, University of Helsinki, FIN-00014 Helsinki, Finland.
2 Wihuri Research Institute, Biomedicum Helsinki, Haartmaninkatu 8, FIN-00290 Helsinki, Finland.

* These authors contributed equally to this work.

Corresponding author. E-mail: kari.alitalo@helsinki.fi

要約:血管内皮増殖因子(VEGF)は、VEGF受容体(VEGFR)を介して血管とリンパ管の発生を調節する。VEGFRの免疫グロブリン相同ドメイン2(D2)は、リガンド結合に不可欠であり、D3はさらなる相互作用部位を提供する。VEGF-Bと胎盤成長因子(PlGF)は、高い親和性でVEGFR-1に結合するが、ほとんどの組織において、PlGFのみが血管新生作用を示す。われわれは、VEGF-Bが、他のVEGFとは異なり、高親和性結合のためにD3との相互作用を必要としないことを示す。PlGF由来のL1ループをもつVEGF-B(B-L1P)は、VEGFR-1の活性を刺激したが、VEGF-B由来のL1ループをもつPlGF(P-L1B)は刺激しなかった。P-L1BやVEGF-Bと異なり、B-L1PとPlGFは、マウス骨格筋においても血管新生作用を示した。さらに、B-L1PはVEGFR-2にも結合し、下流のシグナル伝達を活性化させた。これらの結果により、内皮細胞でのVEGFR活性化における、L1を介したD3の相互作用の役割が立証されるとともに、VEGF-Bは高親和性VEGFR-1リガンドであるが、PlGFとは異なり、VEGFR-1の下流のシグナル伝達を効率的に誘導することはできないことが示唆される。

A. Anisimov, V.-M. Leppänen, D. Tvorogov, G. Zarkada, M. Jeltsch, T. Holopainen, S. Kaijalainen, K. Alitalo, The Basis for the Distinct Biological Activities of Vascular Endothelial Growth Factor Receptor–1 Ligands. Sci. Signal. 6, ra52 (2013).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2013年7月2日号

Editor's Choice

代謝
同じホルモン、異なる作用

Research Article

血管内皮増殖因子受容体1リガンドの異なる生物学的活性の基盤

エストロゲンは乳がん細胞において1型副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン受容体のスプライシングを変化させる

速度論検査はキナーゼの分子内および分子間自己リン酸化機構を特徴付ける

最新のResearch Article記事

2020年3月31日号

4-1BB共刺激は非標準的NF-κBシグナル伝達を介してCAR T細胞の生存を促進する

カルモジュリンはファルネシル化KRAS4bの脂質部分を隔離することでその細胞膜局在化を阻害する

Gタンパク質活性化の固有の有効性の低さにより新しいオピオイドアゴニストの改善された副作用プロファイルを説明できる

2020年3月24日号

ヒト代謝アトラス

非標準的STAT1はリン酸化によって転写活性がLPS誘導性IL-6およびIL-12p40産生の促進に拡大する