• ホーム
  • アテローム性動脈硬化症のマウスモデルにおいて、転写因子CREBは、インターロイキン-17Aの産生および炎症を亢進する

アテローム性動脈硬化症のマウスモデルにおいて、転写因子CREBは、インターロイキン-17Aの産生および炎症を亢進する

The Transcription Factor CREB Enhances Interleukin-17A Production and Inflammation in a Mouse Model of Atherosclerosis

Research Article

Sci. Signal., 17 September 2013
Vol. 6, Issue 293, p. ra83
[DOI: 10.1126/scisignal.2004214]

Sivareddy Kotla, Nikhlesh K. Singh, Mark R. Heckle, Gabor J. Tigyi, and Gadiparthi N. Rao*

Department of Physiology, University of Tennessee Health Science Center, 894 Union Avenue, Memphis, TN 38163, USA.

* Corresponding author. E-mail: rgadipar@uthsc.edu

要約:酵素15-リポキシゲナーゼ(15-LO)は、アテローム形成(アテローム性動脈硬化症としても知られる)に役割を果たすが、根底にある機構ははっきりしない。われわれは、アラキドン酸の主要な15-LO依存性代謝産物である15(S)-ヒドロキシエイコサテトラエン酸[15(S)-HETE]が、キサンチンオキシダーゼを介したニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸(NADPH)オキシダーゼの活性化を通して、単球による活性酸素種(ROS)の産生を刺激することを見出した。ROS産生は、転写因子CREB(サイクリックアデノシン一リン酸応答配列結合タンパク質)を必要とする様式で、Syk-、Pyk2-、およびマイトジェン活性化プロテインキナーゼ(MAPK)に依存する炎症性サイトカインインターロイキン-17A(IL-17A)の産生をもたらした。さらに、この経路は、15(S)-HETEに依存する単球の内皮細胞への遊走および接着に必要であった。これらの観察と一致して、われわれは、高脂質食を与えられたアポリポタンパク質E欠損(ApoE–/–)マウス(アテローム性動脈硬化症のマウスモデル)に由来する腹腔マクロファージが、同様の食餌を与えられたApoE–/–:12/15-LO–/–マウスに由来するものと比較して、キサンチンオキシダーゼおよびNADPHオキシダーゼの活性、ROS産生、Syk、Pyk2、MAPK、およびCREBのリン酸化、ならびにIL-17A産生の増加を示すことを見出した。これらの事象は、ApoE–/–マウスの大動脈弓における脂質貯蔵ならびに単球およびマクロファージの数の増加と相関し、結果としてアテローム斑形成がもたらされた。合わせると、これらの観察から、15(S)-HETEが、CREB依存性のIL-17A産生と炎症を亢進することで、アテローム形成を悪化させることが示唆される。

S. Kotla, N. K. Singh, M. R. Heckle, G. J. Tigyi, G. N. Rao, The Transcription Factor CREB Enhances Interleukin-17A Production and Inflammation in a Mouse Model of Atherosclerosis. Sci. Signal. 6, ra83 (2013).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2013年9月17日号

Editor's Choice

神経科学
プレセニリンのおかげでバッグからCa2+を取り出せる

Research Article

非定型プロテインキナーゼCιのがん関連変異は基質特異的動員モチーフ内で生じる

アテローム性動脈硬化症のマウスモデルにおいて、転写因子CREBは、インターロイキン-17Aの産生および炎症を亢進する

Perspectives

Brd4はATMキナーゼシグナル伝達ストームからクロマチンを保護する

最新のResearch Article記事

2020年3月31日号

4-1BB共刺激は非標準的NF-κBシグナル伝達を介してCAR T細胞の生存を促進する

カルモジュリンはファルネシル化KRAS4bの脂質部分を隔離することでその細胞膜局在化を阻害する

Gタンパク質活性化の固有の有効性の低さにより新しいオピオイドアゴニストの改善された副作用プロファイルを説明できる

2020年3月24日号

ヒト代謝アトラス

非標準的STAT1はリン酸化によって転写活性がLPS誘導性IL-6およびIL-12p40産生の促進に拡大する