• ホーム
  • 3色FRET解析はWIP-WASpアクチン制御複合体のコンフォメーション変化を明らかにする

3色FRET解析はWIP-WASpアクチン制御複合体のコンフォメーション変化を明らかにする

Triple-Color FRET Analysis Reveals Conformational Changes in the WIP-WASp Actin-Regulating Complex

Research Article

Sci. Signal., 24 June 2014
Vol. 7, Issue 331, p. ra60
[DOI: 10.1126/scisignal.2005198]

Sophia Fried1*, Barak Reicher1*, Maor H. Pauker1, Shani Eliyahu1, Omri Matalon1, Elad Noy1, Jordan Chill2, and Mira Barda-Saad1†

1 The Mina and Everard Goodman Faculty of Life Sciences, Bar-Ilan University, Ramat-Gan 5290002, Israel.
2 Department of Chemistry, Faculty of Exact Sciences, Bar-Ilan University, Ramat-Gan 5290002, Israel.

* These authors contributed equally to this work.

† Corresponding author. E-mail: mira.barda-saad@biu.ac.il

要約:ウィスコット-アルドリッチ症候群タンパク質(WASp)は、アクチン細胞骨格装置の鍵となる制御因子である。WASp相互作用タンパク質(WIP)のWASpへの結合は、WASp活性を変化させ、分解からWASpを保護する。WIP-WASp複合体の形成は、獲得免疫応答に極めて重要である。われわれは、WIPとWASpが細胞において異なる2つの分子界面を介して相互作用することを見いだした。1つの相互作用は、WASpのWASp相同性-1(WH1)ドメインとWIPのカルボキシル末端ドメイン間で起こり、T細胞受容体の活性化に応答してプロテインキナーゼCθ(PKCθ)によりリン酸化されるWIPのリン酸化状態に依存していた。もう1つの相互作用は、WASpのverprolin相同性、中央疎水領域および酸性領域(VCA)ドメインとWIPのアミノ末端ドメイン間で起こった。この後者の相互作用は、アクチンモノマーを捕捉するラトランクリンAにより阻害されたことからアクチンを必要としていた。3色蛍光共鳴エネルギー移動(3FRET)技術を用いて、われわれは、WASpの活性化機構が1つ目の相互作用の解離を伴うのに対し、2つ目の相互作用はそのままであることを示した。このコンフォメーションは、WASp上にユビキチン化部位を晒し、WASpの分解を導いた。合わせると、これらのデータから、WASpの活性化および分解は精密に均衡化され、WIPのリン酸化状態に依存することが示唆された。われわれのWIP-WASp相互作用の分子解析は、アクチン依存過程の制御に関する洞察を与えた。

S. Fried, B. Reicher, M. H. Pauker, S. Eliyahu, O. Matalon, E. Noy, J. Chill, M. Barda-Saad, Triple-Color FRET Analysis Reveals Conformational Changes in the WIP-WASp Actin-Regulating Complex. Sci. Signal. 7, ra60 (2014).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2014年6月24日号

Editor's Choice

免疫学
造血幹細胞を動員する

Research Article

一連のランダムな細胞内Ca2+スパイクの範囲内で刺激強度を高い信頼性でコード化

3色FRET解析はWIP-WASpアクチン制御複合体のコンフォメーション変化を明らかにする

ラットにおける一次感覚神経細胞のLIMK依存性アクチン重合は炎症性熱痛覚過敏の発生を促進する

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する