• ホーム
  • PI3Kγの調節サブユニットは別々の好中球応答を制御する

PI3Kγの調節サブユニットは別々の好中球応答を制御する

The regulatory subunits of PI3Kγ control distinct neutrophil responses

Research Article

Sci. Signal., 20 January 2015
Vol. 8, Issue 360, p. ra8
DOI: 10.1126/scisignal.2005564

Arnaud Deladeriere, Laure Gambardella*, Dingxin Pan, Karen E. Anderson, Phillip T. Hawkins, and Len R. Stephens

Signalling Department, Babraham Institute, Babraham Research Campus, Cambridge CB22 4AT, UK.

† Corresponding author. E-mail: len.stephens@babraham.ac.uk

* Present address: The Anne McLaren Laboratory for Regenerative Medicine and Division of Cardiovascular Medicine, University of Cambridge, Addenbrooke’s Hospital, Cambridge CB2 1QR, UK.

要約  炎症部位に移動し、活性酸素種(ROS)の産生により病原体を殺傷する好中球は、病原細菌や病原真菌に対する防御に重要であるが、不適切に調節されると、さまざまな慢性炎症性疾患を引き起こす。ホスホイノシチド3-キナーゼγ(PI3Kγ)は、好中球において、炎症促進性のGタンパク質(ヘテロ三量体グアニンヌクレオチド結合タンパク質)共役受容体(GPCR)の下流で機能し、治療標的となる。好中球において、PI3Kγは、グアノシントリホスファターゼRasによって活性化されるp110γ触媒サブユニットと、p84またはp101のいずれかの調節サブユニットで構成される。p110γの喪失または阻害、あるいはRas非感受性バリアントp110γ(p110γDASAA/DASAA)の発現によって、GPCR活性化に応答したPIP3産生、Aktリン酸化、遊走、ROS形成が阻害される。p101サブユニットは、Gタンパク質βγサブユニットに結合して、このサブユニットによるPI3Kγ活性化を仲介する。p101−/−好中球においては、p110γ−/−好中球と類似した表現型が認められるが、例外としてROS応答は正常である。われわれは、p84−/−好中球においてはGPCR刺激によるPIP3およびAktシグナル伝達が低下することを見出したが、これはp101−/−好中球における低下と違いがない。しかし、p84−/−好中球では、GPCR刺激に応答したROS産生がより低下し、遊走が正常であった。これらのデータから、p84を含有するPI3Kγが、GPCR依存性のROS産生を制御することが示唆される。このように、PI3Kγ調節サブユニットは、PI3Kγが異なる好中球応答を仲介することを可能にしており、これは、空間的に異なるドメインをPIP3シグナル伝達の標的とすることによって起こると考えられる。

A. Deladeriere, L. Gambardella, D. Pan, K. E. Anderson, P. T. Hawkins, and L. R. Stephens, The regulatory subunits of PI3Kγ control distinct neutrophil responses. Sci. Signal. 8, ra8 (2015).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2015年1月20日号

Editor's Choice

炎症
PAMPではなくDAMPを遮断する

Research Article

ヘパリンはオーファン受容体チロシンキナーゼALKの活性化リガンドである

シナプトジャニン2は新薬の開発につながる転移のメディエーターであり、その遺伝子は乳がんにおいて過剰発現され増幅されている

PI3Kγの調節サブユニットは別々の好中球応答を制御する

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する