• ホーム
  • ロスマリン酸は植物により産生され細菌性クオラムセンシング調節因子を活性化するホモセリンラクトン模倣物である

ロスマリン酸は植物により産生され細菌性クオラムセンシング調節因子を活性化するホモセリンラクトン模倣物である

Rosmarinic acid is a homoserine lactone mimic produced by plants that activates a bacterial quorum-sensing regulator

Research Article

Sci. Signal. 05 Jan 2016:
Vol. 9, Issue 409, pp. ra1
DOI: 10.1126/scisignal.aaa8271

Andrés Corral-Lugo, Abdelali Daddaoua, Alvaro Ortega, Manuel Espinosa-Urgel, and Tino Krell*

Department of Environmental Protection, Estación Experimental del Zaidín, Consejo Superior de Investigaciones Científicas, C/ Prof. Albareda, 1, 18008 Granada, Spain.

* Corresponding author. E-mail: tino.krell@eez.csic.es

要約  クオラムセンシングとは、細菌がバイオフィルムなどのコミュニティーとして生存することを可能にする、遺伝子を制御する細菌のコミュニケーション機構である。ホモセリンラクトン(HSL)分子はグラム陰性菌のクオラムセンシングシグナルとして機能する。また植物は、クオラムセンシングに影響する、これまで同定されていない物質も産生している。われわれはHSL模倣物として機能する植物由来物質としてロスマリン酸を同定した。in vitroアッセイから、ロスマリン酸は緑膿菌(Pseudomonas aeruginosa)PAO1のクオラムセンシング調節因子RhlRに結合し、細菌リガンドであるN-ブタノイル‐ホモセリンラクトン(C4-HSL)と競合することが示された。さらにロスマリン酸はin vitroにおいて、C4-HSLに比べてRhlRを介した転写の増加を大きく刺激した。ロスマリン酸は緑膿菌において、クオラムセンシング依存性の遺伝子発現を誘発し、バイオフィルムの形成ならびに病原性因子であるピオシアニンとエラスターゼの産生を増加させた。緑膿菌PAO1の感染は植物根からのロスマリン酸の分泌を誘発することから、われわれの結果は、ロスマリン酸の分泌は早期のクオラムセンシング反応を刺激するための、植物の1つの防御機構であることを示唆している。緑膿菌は植物と動物に感染する遍在的な病原体である。したがって、早期クオラムセンシング反応の誘導因子としてのロスマリン酸の同定は、農業分野において有用であり、またヒトの治療戦略に情報を与えると考えられる。

Citation: A. Corral-Lugo, A. Daddaoua, A. Ortega, M. Espinosa-Urgel, T. Krell, Rosmarinic acid is a homoserine lactone mimic produced by plants that activates a bacterial quorum-sensing regulator. Sci. Signal. 9, ra1 (2016).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年1月5日号

Editor's Choice

神経科学
TNF-αによる認知障害

Editorial Guides

2015:シグナル伝達の「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

Research Article

ロスマリン酸は植物により産生され細菌性クオラムセンシング調節因子を活性化するホモセリンラクトン模倣物である

マクロファージのp62およびポリユビキチン化タンパク質が濃縮した封入体はアテローム動脈硬化症から保護する

ヒトおよびマウスTLR経路の包括的RNAiスクリーニングが種特異的なシグナル伝達タンパク質使用の選択性を特定する

最新のResearch Article記事

2020年5月19日号

細胞外マトリックスタンパク質TasAは枯草菌(Bacillus subtilis)バイオフィルム内の運動性亜集団を維持する発生シグナルである

プロテインキナーゼAによる制御ネットワークは短命および長命の細胞記憶をコードする

2020年5月12日号

死を誘導するRIPK1活性はpH環境によって調整される

CD2シグナル伝達のホスホプロテオミクスは細胞傷害性T細胞における溶解顆粒極性化のAMPK依存性調節を明らかにする

2020年5月5日号

脊髄内のHsp90を阻害するとERK-RSK経路が活性化されることによってモルヒネの抗侵害受容作用が促進される