• ホーム
  • GRK2のRGSドメインのペプチドはGαqに結合、阻害し、病的な心肥大と機能不全を抑制する

GRK2のRGSドメインのペプチドはGαqに結合、阻害し、病的な心肥大と機能不全を抑制する

A peptide of the RGS domain of GRK2 binds and inhibits Gαq to suppress pathological cardiac hypertrophy and dysfunction

Research Article

Sci. Signal. 22 Mar 2016:
Vol. 9, Issue 420, pp. ra30
DOI: 10.1126/scisignal.aae0549

Sarah M. Schumacher1,2, Erhe Gao1, Maya Cohen3, Melissa Lieu1,2, J. Kurt Chuprun1,2, and Walter J. Koch1,2,*

1 Center for Translational Medicine, Lewis Katz School of Medicine at Temple University, Philadelphia, PA 19140, USA.
2 Department of Pharmacology, Lewis Katz School of Medicine at Temple University, Philadelphia, PA 19140, USA.
3 Lewis Katz School of Medicine at Temple University, Philadelphia, PA 19140, USA.

* Corresponding author. E-mail: walter.koch@temple.edu

要約  Gタンパク質共役受容体(GPCR)キナーゼ(GRK)は、GPCRの活性を制御することにより心機能に重要な役割を果たす。GRK2は、活性のあるGPCRをリン酸化および脱感作することにより、また、その下流エフェクターからGPCRを脱共役するタンパク質‐タンパク質相互作用を介してGPCRシグナル伝達を抑制する。Gαqを含むいくつかのGRK2相互作用パートナーは、世界的な死亡の主因である心不全を招く不適応心肥大を促進する。GRK2のGタンパク質シグナル伝達制御因子(RGS)ドメインは、in vitroでGαqと相互作用し、阻害する。われわれは、GRK2のRGSドメインを心臓特異的に発現するTgβARKrgsマウスを作製し、これらのマウスに心不全に至る適応変化をもたらす過負荷圧をかけた。非トランスジェニック同腹子対照とは異なり、TgβARKrgsマウスは、左心室壁厚の減少、心臓肥大に関連した遺伝子発現の減少、および有害な構造的リモデリングの減少により示される、肥大の低下を示した。内因性のGRK2はGαqと相互作用しなかったが、βARKrgsペプチドはGαqと相互作用し、このGタンパク質を介したシグナル伝達を妨げた。これらのデータは、肥大および心不全を防止するGRK2ベースの治療法の開発を支持する。

Citation: S. M. Schumacher, E. Gao, M. Cohen, M. Lieu, J. K. Chuprun, W. J. Koch, A peptide of the RGS domain of GRK2 binds and inhibits Gαq to suppress pathological cardiac hypertrophy and dysfunction. Sci. Signal. 9, ra30 (2016).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年3月22日号

Editor's Choice

神経科学
IGF-1による神経機能の調節

Research Article

GRK2のRGSドメインのペプチドはGαqに結合、阻害し、病的な心肥大と機能不全を抑制する

CRACR2Aにコードされる高分子量Rab GTPアーゼはT細胞活性化シグナルを伝達するシナプス小胞の構成要素である

Reviews

プロテインキナーゼ‐基質間相互作用を再検討する:治療の開発に向けて

最新のResearch Article記事

2020年5月19日号

細胞外マトリックスタンパク質TasAは枯草菌(Bacillus subtilis)バイオフィルム内の運動性亜集団を維持する発生シグナルである

プロテインキナーゼAによる制御ネットワークは短命および長命の細胞記憶をコードする

2020年5月12日号

死を誘導するRIPK1活性はpH環境によって調整される

CD2シグナル伝達のホスホプロテオミクスは細胞傷害性T細胞における溶解顆粒極性化のAMPK依存性調節を明らかにする

2020年5月5日号

脊髄内のHsp90を阻害するとERK-RSK経路が活性化されることによってモルヒネの抗侵害受容作用が促進される