• ホーム
  • 可溶性アミロイドβ1-42によるCaMKIVの活性化が軸索小胞輸送を妨害して活性依存的なシナプス形成を損なう

可溶性アミロイドβ1-42によるCaMKIVの活性化が軸索小胞輸送を妨害して活性依存的なシナプス形成を損なう

Activation of CaMKIV by soluble amyloid-β1-42 impedes trafficking of axonal vesicles and impairs activity-dependent synaptogenesis

Research Article

Sci. Signal. 11 Jul 2017:
Vol. 10, Issue 487, eaam8661
DOI: 10.1126/scisignal.aam8661

Daehun Park1, Myeongsu Na1, Jung Ah Kim1,2, Unghwi Lee1, Eunji Cho1, Mirye Jang1,2, and Sunghoe Chang1,2,3,*

1 Department of Physiology and Biomedical Sciences, Seoul National University College of Medicine, Seoul 110-799, South Korea.
2 Neuroscience Research Institute, Medical Research Center, Seoul National University College of Medicine, Seoul 110-799, South Korea.
3 Biomembrane Plasticity Research Center, Seoul National University College of Medicine, Seoul 110-799, South Korea.

* Corresponding author. Email: sunghoe@snu.ac.kr

要約
可溶性アミロイドβ(sAβ1-42)の繊維前駆体は、シナプス機能を障害し、アルツハイマー病(AD)の初期段階に関連する。われわれは、量子ドットに基づく単一粒子追跡法を用いて軸索に沿ったシナプス小胞(SV)輸送をモニタリングし、sAβ1-42がシナプス前障害を引き起こす機構を調べた。そして、化学的長期増強(cLTP)によって誘導される新たなシナプス形成がsAβ1-42によって妨げられることを見出した。培養ラット海馬ニューロンでは、ナノモル量のsAβ1-42によってシナプス前終末のCa2+クリアランスが損なわれ、Ca2+の基底濃度が上昇した。これによって、Ca2+/カルモジュリン依存性プロテインキナーゼIV(CaMKIV)とその基質であるシナプシンのリン酸化が亢進され、シナプス間の軸索に沿ったSV輸送が著しく阻害された。トランスジェニックADマウスモデル由来のニューロンでも同様の障害が認められたが、それらの障害は、CaMKキナーゼ(CaMKK:CaMKIVを活性化する)の阻害薬によって、抗Aβ1-42抗体によって、またはリン酸化欠損シナプシン変異体の発現によって予防された。sAβ1-42によって引き起こされる活性依存的なシナプス形成の障害も、CaMKK阻害薬によって解消された。これらの結果は、sAβ1-42が、シナプス間でのSVの再分配を撹乱することによって、ニューロンの新たなシナプス形成または隣接するシナプスの強度と活性の調整を妨害することを示唆している。この機構を標的とすることによって、AD患者のシナプス機能障害を予防できる可能性がある。

Citation: D. Park, M. Na, J. A. Kim, U. Lee, E. Cho, M. Jang, S. Chang, Activation of CaMKIV by soluble amyloid-β1-42 impedes trafficking of axonal vesicles and impairs activity-dependent synaptogenesis. Sci. Signal. 10, eaam8661 (2017).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年7月11日号

Editor's Choice

心不全の抑制剤

Research Article

可溶性アミロイドβ1-42によるCaMKIVの活性化が軸索小胞輸送を妨害して活性依存的なシナプス形成を損なう

後根神経節における転写因子C/EBPβが末梢神経外傷による侵害受容過敏に寄与する

Research Resources

胚発生中の脳内皮細胞におけるバルクおよび単一細胞レベルでの遺伝子発現プロファイリング

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する