• ホーム
  • Tomosynは肥満細胞脱顆粒においてPKCδ調節性融合クランプとして機能する

Tomosynは肥満細胞脱顆粒においてPKCδ調節性融合クランプとして機能する

Tomosyn functions as a PKCδ-regulated fusion clamp in mast cell degranulation

Research Article

Sci. Signal. 03 Jul 2018:
Vol. 11, Issue 537, eaan4350
DOI: 10.1126/scisignal.aan4350

Iris K. Madera-Salcedo1,2,3,*, Luca Danelli1,2,3,†, Neeraj Tiwari1,2,3,‡, Bárbara Dema1,2,3, Emeline Pacreau1,2,3, Shamila Vibhushan1,2,3, Joëlle Birnbaum4, Chantal Agabriel5, Valérie Liabeuf4, Caroline Klingebiel6, Gaël Menasche7,8, Marina Macias-Silva9, Marc Benhamou1,2,3, Nicolas Charles1,2,3, Claudia González-Espinosa10, Joana Vitte11,12,13,§, and Ulrich Blank1,2,3,§‖

1 INSERM U1149, Centre de Recherche sur l'Inflammation, Paris, France.
2 CNRS ERL8252, Paris, France.
3 Université Paris Diderot, Sorbonne Paris Cité, Faculté de Médecine, Site Xavier Bichat, Paris, France, Inflamex Laboratory of Excellence, Paris, France.
4 Aix-Marseille University, Assistance Publique Hôpitaux de Marseille (APHM), Service de Dermatologie, Hôpital de la Timone, Marseille, France.
5 Aix-Marseille University, APHM, Service de Pédiatrie Multidisciplinaire, Hôpital de la Timone, Marseille, France.
6 Laboratoire BIOPLUS, 22 rue Montgrand, 13006 Marseille, France.
7 INSERM UMR1163, Laboratory of Normal and Pathological Homeostasis of the Immune System, F-75015 Paris, France.
8 Paris Descartes University-Sorbonne Paris Cité, Imagine Institute, F-75015 Paris, France.
9 Instituto de Fisiología Celular, Universidad Nacional Autónoma de México, México City, México.
10 Departamento de Farmacobiología, Cinvestav, Sede Sur, México City, México.
11 Aix-Marseille University, APHM, Laboratoire d'Immunologie, Institut Hôpital Universitaire (IHU) Méditerranée Infection, Marseille, France.
12 INSERM UMR 1067, Marseille, France.
13 Aix-Marseille University, CNRS UMR 7333, Marseille, France.

‖ Corresponding author. Email: ulrich.blank@inserm.fr

* Present address: Instituto Nacional de Ciencias Médicas y Nutrición Salvador Zubirán, Departamento de Inmunología y Reumatología, México City, México.

† Present address: The Francis Crick Institute, London, UK.

‡ Present address: Panzephyr Consultancy Service LLC, New Haven, CT 06511, USA.

§ These authors contributed equally to this work.

要約

可溶性N -エチルマレイミド感受性因子結合タンパク質受容体(SNARE)ファミリータンパク質は、小胞輸送および細胞分泌に重要な膜融合を媒介する。肥満細胞は、Fcε受容体(FcεRI)に結合した免疫グロブリンE(IgE)の架橋により刺激される脱顆粒を、SNARE媒介膜融合に依存して行う。われわれは、脱顆粒を制御する受容体活性化の下流機構を調べた。われわれは、SNARE結合タンパク質tomosyn-1(STXBP5としても知られる)が、肥満細胞のFcεRI刺激による脱顆粒を阻害することを見出した。肥満細胞活性化後、tomosyn-1は、セリンおよびスレオニン残基でリン酸化され、SNAREタンパク質syntaxin 4(STX4)から解離し、STX3と結合した。われわれは、tomosyn-1スレオニンリン酸化およびSTXとの相互作用の調節に必要とされる主要なキナーゼとしてPKCδを同定した。高濃度のIgE存在下での培養は、培養肥満細胞におけるtomosyn-1の存在量を増加させた。同様に、血清IgEが多いアレルギー患者の好塩基球では、正常なIgE濃度の患者と比較してtomosyn-1の存在量が増加していた。われわれの発見により、肥満細胞脱顆粒の阻害剤としてtomosyn-1が同定され、tomosyn-1が融合時にSTXパートナーとの相互作用を切り替えるのにPKCδを必要とすることが示された。われわれは、アレルギー患者におけるIgEによるtomosyn-1の存在量増加が、病気の発症を制限する対抗調節的な機構である可能性を提唱する。

Citation: I. K. Madera-Salcedo, L. Danelli, N. Tiwari, B. Dema, E. Pacreau, S. Vibhushan, J. Birnbaum, C. Agabriel, V. Liabeuf, C. Klingebiel, G. Menasche, M. Macias-Silva, M. Benhamou, N. Charles, C. González-Espinosa, J. Vitte, U. Blank, Tomosyn functions as a PKCδ-regulated fusion clamp in mast cell degranulation. Sci. Signal. 11, eaan4350 (2018).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2018年7月3日号

Editor's Choice

日光は頭によい

Research Article

アセチルトランスフェラーゼNAT10の阻害はトランスポーチン-1核内輸送経路の再均衡化により早老症細胞と老化細胞を正常化する

Tomosynは肥満細胞脱顆粒においてPKCδ調節性融合クランプとして機能する

ヒト、ニワトリ、ワニ、カエル、ゼブラフィッシュのミネラルコルチコイド受容体の進化:ステロイド特異性へのアロステリックな影響

Research Resources

ラット皮質ニューロンにおけるS-ニトロシル化核タンパク質のプロテオミクス解析

最新のResearch Article記事

2018年7月3日号

アセチルトランスフェラーゼNAT10の阻害はトランスポーチン-1核内輸送経路の再均衡化により早老症細胞と老化細胞を正常化する

Tomosynは肥満細胞脱顆粒においてPKCδ調節性融合クランプとして機能する

ヒト、ニワトリ、ワニ、カエル、ゼブラフィッシュのミネラルコルチコイド受容体の進化:ステロイド特異性へのアロステリックな影響

2018年6月26日号

植物細胞壁の健全性維持および免疫シグナル伝達系は協調して働きシロイヌナズナ(Arabidopsis thaliana)のストレス応答を制御する

MEG3-4は肺感染時にIL-1β存在量を調節して炎症を発生させた後に抑制し、敗血症を防止するmiRNAデコイである