• ホーム
  • 競合的サイトカインシグナル伝達の定量分析によりマクロファージ活性化の伝播に対する組織閾値を予測する

競合的サイトカインシグナル伝達の定量分析によりマクロファージ活性化の伝播に対する組織閾値を予測する

Quantitative analysis of competitive cytokine signaling predicts tissue thresholds for the propagation of macrophage activation

Research Article

Sci. Signal. 24 Jul 2018:
Vol. 11, Issue 540, eaaf3998
DOI: 10.1126/scisignal.aaf3998

James Bagnall1, Christopher Boddington1, Hazel England1, Ruth Brignall1, Polly Downton1, Zainab Alsoufi2, James Boyd1,3, William Rowe1,4, Alexander Bennett1, Catherine Walker1, Antony Adamson1, Nisha M. X. Patel1, Ronan O'Cualain1, Lorraine Schmidt1, David G. Spiller1, Dean A. Jackson1, Werner Müller1, Mark Muldoon2, Michael R. H. White1, and Pawel Paszek1,*

1 Faculty of Biology, Medicine and Health, University of Manchester, Oxford Road, Manchester M13 9PT, UK.
2 School of Mathematics, University of Manchester, Manchester M13 9PL, UK.
3 Department of Cellular and Molecular Physiology, Institute of Translational Medicine, University of Liverpool, Liverpool L69 3BX, UK.
4 Department of Chemistry, Centre for Analytical Science, Loughborough University, Loughborough LE11 3TU, UK.

* Corresponding author. Email: pawel.paszek@manchester.ac.uk

要約

Toll様受容体(TLR)シグナル伝達は、組織の制約された環境でのマクロファージ活性化およびエフェクターサイトカイン伝播を調節する。マクロファージ集団において、TLR4は、核内因子κB(NF-κB)標的遺伝子の用量依存的転写を刺激する。しかしながら、われわれは、単一RNA計数を用いて、個々の細胞が炎症誘発性サイトカインである腫瘍壊死因子-α(TNF-α)をコードする遺伝子の広範囲(3桁)の発現差を示すことを見出した。TLR4誘導性TNFA転写応答は、細胞におけるNF-κBシグナル伝達の程度および細胞の大きさと相関した。われわれは、マクロファージおよびマウス胚線維芽細胞におけるTNF-α産生および取込みの速度を比較し、TLR4刺激に対するマクロファージの応答およびTNF-αシグナルの組織における伝播における不均一性を探索する数理モデルを作成した。このモデルは、TLR4依存的TNF-α応答および細胞NF-κBシグナル伝達の局所的伝播が、隣接組織常在マクロファージ間の数細胞径の短距離に限定されることを予測する。われわれの予測モデルでは、TNF-α伝播は、サイトカインの不均一な産生ではなく、環境からのTNF-αの競合的取込みによって制限されていた。われわれは、組織の高度に制約された構造が、より長距離で文脈外の応答が起きることを回避しつつ、炎症性キューの効果的な局所的伝播を可能にしていることを提唱する。

Citation: J. Bagnall, C. Boddington, H. England, R. Brignall, P. Downton, Z. Alsoufi, J. Boyd, W. Rowe, A. Bennett, C. Walker, A. Adamson, N. M. X. Patel, R. O'Cualain, L. Schmidt, D. G. Spiller, D. A. Jackson, W. Müller, M. Muldoon, M. R. H. White, P. Paszek, Quantitative analysis of competitive cytokine signaling predicts tissue thresholds for the propagation of macrophage activation. Sci. Signal. 11, eaaf3998 (2018).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2018年7月24日号

Editor's Choice

酸性で移動するリソソーム

Research Article

化学療法誘発性ストレスのモデリングによりDNA損傷応答経路に対する合理的な併用療法を特定する

転写因子Lef1は筋幹細胞の静止状態においてパートナーをβ-カテニンからSmad3に切り替える

高親和性IgG受容体FcγRIのインサイドアウトシグナル伝達機構

競合的サイトカインシグナル伝達の定量分析によりマクロファージ活性化の伝播に対する組織閾値を予測する

最新のResearch Article記事

2021年10月5日号

cAMP生成の空間バイアスがPTH 1型受容体活性化に対する生物学的応答を決定する

T細胞の4つのPGE2受容体の個別および共通のシグナル伝達ネットワークを、システムズ・アプローチから解明

2021年9月28日号

SIRPαはSHP-2を隔離してIL-4およびIL-13のシグナル伝達とマクロファージのオルタナティブ活性化を促進する

メタボロミクスによるT細胞誘導性大腸炎の活性スクリーニングから抗炎症性代謝物を解明

2021年9月21日号

ラパマイシンの範囲を超えるmTORC1の生物学を解明する