• ホーム
  • Hippo経路エフェクターTAZはTEAD依存性肝臓炎症および腫瘍を誘導する

Hippo経路エフェクターTAZはTEAD依存性肝臓炎症および腫瘍を誘導する

The Hippo pathway effector TAZ induces TEAD-dependent liver inflammation and tumors

Research Article

Sci. Signal. 11 Sep 2018:
Vol. 11, Issue 547, eaaj1757
DOI: 10.1126/scisignal.aaj1757

Thijs J. Hagenbeek1, Joshua D. Webster2, Noelyn M. Kljavin3, Matthew T. Chang4, Trang Pham1, Ho-June Lee1, Christiaan Klijn4, Allen G. Cai1, Klara Totpal5, Buvana Ravishankar6, Naiying Yang5, Da-Hye Lee7, Kevin B. Walsh3, Georgia Hatzivassiliou6, Cecile C. de la Cruz5, Stephen E. Gould5, Xiumin Wu8, Wyne P. Lee8, Shuqun Yang9, Zhixiang Zhang9, Qingyang Gu9, Qunsheng Ji9, Erica L. Jackson1, Dae-Sik Lim7, and Anwesha Dey1,*

1 Department of Discovery Oncology, Genentech Inc., 1 DNA Way, South San Francisco, CA 94080, USA.
2 Department of Pathology, Genentech Inc., South San Francisco, CA 94080, USA.
3 Department of Molecular Oncology, Genentech Inc., South San Francisco, CA 94080, USA.
4 Department of Bioinformatics and Computational Biology, Genentech Inc., South San Francisco, CA 94080, USA.
5 Department of Translational Oncology, Genentech Inc., South San Francisco, CA 94080, USA.
6 Department of Cancer Immunotherapy, Genentech Inc., South San Francisco, CA 94080, USA.
7 Department of Biological Sciences, Korea Advanced Institute of Science and Technology, Daejeon 34141, Korea.
8 Department of Translational Immunology, Genentech Inc., South San Francisco, CA 94080, USA.
9 Oncology Business Unit, Research Service Division, WuXi AppTec, Waigaoqiao Free Trade Zone, Shanghai 200131, China.

* Corresponding author. Email: dey.anwesha@gene.com

要約

Hippoシグナル伝達経路は臓器のサイズを調節し、組織の成長、ホメオスタシス及び再生の維持に重要な役割を果たしている。哺乳類における幅広いがんで調節不全となるこの経路は、機能的にオーバーラップする2つの主要エフェクターYAPおよびTAZによって調節されている。本研究によって、TAZは、肝臓の炎症および腫瘍の発生を促進することが明らかになった。ヒト肝腫瘍におけるTAZの発現については、炎症性サイトカインの発現と正の相関が認められたが、YAPの発現については認められなかった。過剰活性化したTAZは、TEAD依存性機序を介して、肝臓への大量の骨髄性細胞浸潤および炎症性サイトカインの分泌を誘発した。また、過剰活性化したYAPおよびTAZを有する腫瘍は明白な転写サインを示し、TAZ誘導腫瘍中の炎症性サイトカイン発現の亢進を誘導した。本研究により、これまで特性が解明されていなかった、肝臓における腫瘍発生に影響を及ぼすTAZ活性と炎症反応の関係が解明された。

Citation: T. J. Hagenbeek, J. D. Webster, N. M. Kljavin, M. T. Chang, T. Pham, H.-J. Lee, C. Klijn, A. G. Cai, K. Totpal, B. Ravishankar, N. Yang, D.-H. Lee, K. B. Walsh, G. Hatzivassiliou, C. C. de la Cruz, S. E. Gould, X. Wu, W. P. Lee, S. Yang, Z. Zhang, Q. Gu, Q. Ji, E. L. Jackson, D.-S. Lim, A. Dey, The Hippo pathway effector TAZ induces TEAD-dependent liver inflammation and tumors. Sci. Signal. 11, eaaj1757 (2018).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2018年9月11日号

Editor's Choice

HSV-1によるCGASの脱アミド化

Research Article

発生ホスホプロテオミクス解析でヘッジホッグシグナル伝達のドライバーかつ髄芽腫の治療標的としてキナーゼCK2を同定する

ホスファチジルイノシトール4-リン酸はGPCR刺激によるホスホイノシチド産生の主な源である

Hippo経路エフェクターTAZはTEAD依存性肝臓炎症および腫瘍を誘導する

Research Resources

キナーゼHipAおよびHipA7は大腸菌内の異なる基質プールをリン酸化し多剤耐性を促進する

最新のResearch Article記事

2018年9月11日号

発生ホスホプロテオミクス解析でヘッジホッグシグナル伝達のドライバーかつ髄芽腫の治療標的としてキナーゼCK2を同定する

ホスファチジルイノシトール4-リン酸はGPCR刺激によるホスホイノシチド産生の主な源である

Hippo経路エフェクターTAZはTEAD依存性肝臓炎症および腫瘍を誘導する

2018年9月4日号

ストレス状況下で、細胞はtRNA量を変化させてタンパク質合成を選択的に調節する

がん細胞におけるヌクレオチド交換の標的化による構成的活性化型Gタンパク質αサブユニットの阻害