• ホーム
  • IFN-γ-誘導性抗ウイルス応答にはULK1を介したMLK3およびERK5の活性化が必要

IFN-γ-誘導性抗ウイルス応答にはULK1を介したMLK3およびERK5の活性化が必要

IFN-γ-inducible antiviral responses require ULK1-mediated activation of MLK3 and ERK5

Research Article

Sci. Sci. Signal. 20 Nov 2018:
Vol. 11, Issue 557, eaap9921
DOI: 10.1126/scisignal.aap9921

Diana Saleiro1, Gavin T. Blyth1, Ewa M. Kosciuczuk1,2, Patrick A. Ozark3,4, Beata Majchrzak-Kita5,6, Ahmet D. Arslan1, Mariafausta Fischietti1, Neha K. Reddy1, Curt M. Horvath7, Roger J. Davis8,9, Eleanor N. Fish5,6, and Leonidas C. Platanias1,2,*

1 Robert H. Lurie Comprehensive Cancer Center and Division of Hematology-Oncology, Feinberg School of Medicine, Northwestern University, Chicago, IL 60611, USA.
2 Division of Hematology-Oncology, Department of Medicine, Jesse Brown Veterans Affairs Medical Center, Chicago, IL 60612, USA.
3 Simpson Querrey Center for Epigenetics, Northwestern University Feinberg School of Medicine, Chicago, IL 60611, USA.
4 Department of Biochemistry and Molecular Genetics, Northwestern University Feinberg School of Medicine, Chicago, IL 60611, USA.
5 Toronto General Hospital Research Institute, University Health Network, Toronto, ON M5G 2MI, Canada.
6 Department of Immunology, University of Toronto, Toronto, ON M5G 2MI, Canada.
7 Department of Molecular Biosciences, Northwestern University, Evanston, IL 60208, USA.
8 Program in Molecular Medicine, University of Massachusetts Medical School, Worcester, MA 01605, USA.
9 Howard Hughes Medical Institute, Worcester, MA 01605, USA.

* Corresponding author. Email: l-platanias@northwestern.edu

要約

インターフェロン-γ(IFN-γ)を介した抗ウイルス応答には、転写因子であるシグナル伝達性転写因子1(STAT1)の活性化が必要であることがよく確立されている。今回われわれは、IFN-γ受容体の刺激が、ベクリン-1を介したオートファジーのイニシエータであるUnc-51様キナーゼ1(ULK1)も活性化することを見出した。さらに、ULK1と、マイトジェン活性化プロテインキナーゼキナーゼキナーゼであるMLK3(混合系統キナーゼ3)の相互作用が、MLK3のリン酸化およびその下流におけるキナーゼRK5の活性化に必要であった。このようなオートファジー非依存性のULK1の活性化は、主要な抗ウイルスIFN刺激遺伝子(ISG)の転写を促進し、またIFN-γ-依存性の抗ウイルス効果に不可欠であった。これらの所見は、抗ウイルス応答の重要な要素であるらしい未知であったIFN-γ経路を明らかにしている。

Citation: D. Saleiro, G. T. Blyth, E. M. Kosciuczuk, P. A. Ozark, B. Majchrzak-Kita, A. D. Arslan, M. Fischietti, N. K. Reddy, C. M. Horvath, R. J. Davis, E. N. Fish, L. C. Platanias, IFN-γ-inducible antiviral responses require ULK1-mediated activation of MLK3 and ERK5. Sci. Signal. 11, eaap9921 (2018).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2018年11月20日号

Editor's Choice

がんと免疫におけるcGASの二面性

Research Article

HDAC3-SMARCA4-miR-27a経路が横紋筋肉腫におけるPAX3:FOXO1 融合がん遺伝子の発現を促進する

IFN-γ-誘導性抗ウイルス応答にはULK1を介したMLK3およびERK5の活性化が必要

Research Resources

統合近接プロテオミクスはALK駆動神経芽細胞腫における細胞生存の決定因子としてIRS2を明らかにする

神経芽細胞腫細胞株におけるALK阻害のリン酸化プロテオーム及び遺伝子発現プロファイリングにより保存発がん経路が解明される

最新のResearch Article記事

2018年11月20日号

HDAC3-SMARCA4-miR-27a経路が横紋筋肉腫におけるPAX3:FOXO1 融合がん遺伝子の発現を促進する

IFN-γ-誘導性抗ウイルス応答にはULK1を介したMLK3およびERK5の活性化が必要

2018年11月13日号

フィラミンとDrp1の低酸素誘導性相互作用がミトコンドリア過剰分裂を伴う心筋老化を引き起こす

膜貫通型アダプタータンパク質NTALはマスト細胞のプロスタグランジンE2への走化性を制限する

がんタンパク質ユビキチンリガーゼMDM2によるPERIOD2分解と概日リズムの特異制御