• ホーム
  • aPKC特異的活性レポーターにより明らかにされたスフィンゴシン1‐リン酸による非定型プロテインキナーゼCの活性化

aPKC特異的活性レポーターにより明らかにされたスフィンゴシン1‐リン酸による非定型プロテインキナーゼCの活性化

Activation of atypical protein kinase C by sphingosine 1-phosphate revealed by an aPKC-specific activity reporter

Research Article

Sci. Signal. 01 Jan 2019:
Vol. 12, Issue 562, eaat6662
DOI: 10.1126/scisignal.aat6662

Taketoshi Kajimoto1,2,*, Alisha D. Caliman1, Irene S. Tobias1, Taro Okada2, Caila A. Pilo1, An-Angela N. Van1, J. Andrew McCammon1, Shun-ichi Nakamura2, and Alexandra C. Newton1,*

1 Department of Pharmacology, University of California at San Diego, La Jolla, CA 92037, USA.
2 Division of Biochemistry, Department of Biochemistry and Molecular Biology, Graduate School of Medicine, Kobe University, Kobe 650-0017, Japan.

* Corresponding author. Email: anewton@ucsd.edu (A.C.N.); tkajimot@med.kobe-u.ac.jp (T.K.)

要約

非定型プロテインキナーゼC(aPKC)アイソザイムは、それらが脂質セカンドメッセンジャージアシルグリセロールによって調節されないという点でPKCスーパーファミリーにおいて独特であり、それにより異なるセカンドメッセンジャーがそれらの機能を急激に制御するかについての推測が導かれた。本研究では、われわれが設計した遺伝的にコードされるレポーターであるaPKC特異的Cキナーゼ活性レポーター(aCKAR)を用いて、脂質メディエータースフィンゴシン1-リン酸(S1P)がaPKCの細胞内活性を促進することを見出した。細胞内S1Pは、aPKCの精製されたキナーゼドメインに直接結合し、自己阻害制約を緩和し、それによりキナーゼを活性化した。コンピューターによる解析では、キナーゼドメイン上の潜在的な結合部位が同定され、そのうちの1つは生化学的に確証された。HeLa細胞において、aPKCのS1P依存的活性化はアポトーシスを抑制した。合わせると、われわれの発見は、aPKC調節のこれまでに記述されていない分子機構、細胞生存調節におけるS1Pの分子標的とaPKCの生化学的および生物学的機能をさらに探索するツールを同定する。

Citation: T. Kajimoto, A. D. Caliman, I. S. Tobias, T. Okada, C. A. Pilo, A.-A. N. Van, J. A. McCammon, S.-i. Nakamura, A. C. Newton, Activation of atypical protein kinase C by sphingosine 1-phosphate revealed by an aPKC-specific activity reporter. Sci. Signal. 12, eaat6662 (2019).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2019年1月1日号

Research Article

GPR35はナトリウム・カリウムポンプと会合することによって解糖系、増殖、発がんシグナリングを促進する

嚢胞性線維症ではCFTR成熟のための翻訳後修飾コードが変化している

aPKC特異的活性レポーターにより明らかにされたスフィンゴシン1‐リン酸による非定型プロテインキナーゼCの活性化

Reviews

AMPA型グルタミン酸受容体のシナプス後局在化及び長期増強中のそれらの調節の機序

最新のResearch Article記事

2019年1月1日号

GPR35はナトリウム・カリウムポンプと会合することによって解糖系、増殖、発がんシグナリングを促進する

嚢胞性線維症ではCFTR成熟のための翻訳後修飾コードが変化している

aPKC特異的活性レポーターにより明らかにされたスフィンゴシン1‐リン酸による非定型プロテインキナーゼCの活性化

2018年12月18日号

5-oxoETEはMAS関連Gタンパク質共役受容体Dを介して便秘型過敏性腸症候群の痛覚を引き起こす

CD45の排除と架橋結合による受容体シグナル伝達が共にFcεRIの反応性を広げる