• ホーム
  • 慢性的TGF-β曝露はEMT安定化、腫瘍幹細胞性、抗がん剤耐性を促進し、バイトピックなmTOR阻害に対して脆弱性を示す

慢性的TGF-β曝露はEMT安定化、腫瘍幹細胞性、抗がん剤耐性を促進し、バイトピックなmTOR阻害に対して脆弱性を示す

Chronic TGF-β exposure drives stabilized EMT, tumor stemness, and cancer drug resistance with vulnerability to bitopic mTOR inhibition

Research Article

Sci. Signal. 26 Feb 2019:
Vol. 12, Issue 570, eaau8544
DOI: 10.1126/scisignal.aau8544

Yoko Katsuno1,2,3, Dominique Stephan Meyer4, Ziyang Zhang5, Kevan M. Shokat5, Rosemary J. Akhurst2,4,6, Kohei Miyazono3, and Rik Derynck1,2,4,6,*

1 Department of Cell and Tissue Biology, University of California at San Francisco, San Francisco, CA 94143, USA.
2 Eli and Edythe Broad Center of Regeneration Medicine and Stem Cell Research, University of California at San Francisco, San Francisco, CA 94143, USA.
3 Department of Molecular Pathology, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo, Bunkyo-ku, Tokyo 113-0033, Japan.
4 Helen Diller Family Comprehensive Cancer Center, University of California at San Francisco, San Francisco, CA 94143, USA.
5 Department of Cellular and Molecular Pharmacology and Howard Hughes Medical Institute, University of California at San Francisco, San Francisco, CA 94143, USA.
6 Department of Anatomy, University of California at San Francisco, San Francisco, CA 94143, USA.

* Corresponding author. Email: rik.derynck@ucsf.edu

要約

腫瘍は間質微小環境内のがん幹細胞(CSC)とそれらの不均質な子孫から成る。トランスフォーミング増殖因子-β(TGF-β)に反応して、上皮細胞とがん細胞は部分的または完全な上皮間葉転換(EMT)を起こし、これががん進行の一因となる。TGF-β除去により細胞は上皮表現型に復帰するため、この過程は可逆的だと考えられている。しかしわれわれは、短期曝露により誘導される可逆性EMTとは対照的に、in vivoがんの状態を模倣した長期TGF-β曝露により、乳房上皮およびがん細胞において、安定したEMTが促進されることを見出した。EMT安定化は、幹細胞発生の安定的増強と抗がん剤耐性を伴った。さらに、長期TGF-β曝露により、哺乳類ラパマイシン標的タンパク質(mTOR)シグナル伝達が増強された。バイトピックな(bitopic)mTOR阻害剤により、CSC発生、足場非依存性、細胞生存、化学療法耐性が抑制され、マウスにおける腫瘍形成が効率的に阻害された。これらの結果は、mTORが乳がん細胞の幹細胞性の安定化と薬剤耐性に果たす役割と、CSCを標的とする治療戦略としてのmTOR阻害の位置付けを明らかにしている。

Citation: Y. Katsuno, D. S. Meyer, Z. Zhang, K. M. Shokat, R. J. Akhurst, K. Miyazono, R. Derynck, Chronic TGF-β exposure drives stabilized EMT, tumor stemness, and cancer drug resistance with vulnerability to bitopic mTOR inhibition. Sci. Signal. 12, eaau8544 (2019).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2019年2月26日号

Editor's Choice

リソソームと幹細胞分化の関連付け

Research Article

慢性的TGF-β曝露はEMT安定化、腫瘍幹細胞性、抗がん剤耐性を促進し、バイトピックなmTOR阻害に対して脆弱性を示す

免疫代謝によるTCR再利用とiNKT細胞機能の制御

Reviews

TGF-βファミリーシグナル伝達の特異性、多能性、および制御

最新のResearch Article記事

2021年10月5日号

cAMP生成の空間バイアスがPTH 1型受容体活性化に対する生物学的応答を決定する

T細胞の4つのPGE2受容体の個別および共通のシグナル伝達ネットワークを、システムズ・アプローチから解明

2021年9月28日号

SIRPαはSHP-2を隔離してIL-4およびIL-13のシグナル伝達とマクロファージのオルタナティブ活性化を促進する

メタボロミクスによるT細胞誘導性大腸炎の活性スクリーニングから抗炎症性代謝物を解明

2021年9月21日号

ラパマイシンの範囲を超えるmTORC1の生物学を解明する