• ホーム
  • HIPK2がI型インターフェロンを介する抗ウイルス免疫に必要である

HIPK2がI型インターフェロンを介する抗ウイルス免疫に必要である

HIPK2 is necessary for type I interferon-mediated antiviral immunity

Research Article

Sci. Signal. 19 Mar 2019:
Vol. 12, Issue 573, eaau4604
DOI: 10.1126/scisignal.aau4604

Lili Cao1,*, Guang Yang2,3,*, Shandian Gao2, Chunxia Jing4, Ruth R. Montgomery5, Yuxin Yin1, Penghua Wang2,6, Erol Fikrig2,7,†, and Fuping You1,†

1 Institute of Systems Biomedicine, Department of Immunology, School of Basic Medical Sciences, Beijing Key Laboratory of Tumor Systems Biology, Peking University Health Science Center, Beijing 100191, China.
2 Section of Infectious Diseases, Yale University School of Medicine, New Haven, CT 208022, USA.
3 Department of Parasitology, Department of Public Health and Preventive Medicine, School of Medicine, Jinan University, No. 601, Huangpu Avenue West, Guangzhou, Guangdong 510632, China.
4 Department of Epidemiology, School of Medicine, Jinan University, Guangzhou 510632, China.
5 Section of Rheumatology, Yale University School of Medicine, New Haven, CT 06510, USA.
6 Department of Immunology, University of Connecticut Health Center, 263 Farmington Ave., Farmington, CT 06030, USA.
7 Howard Hughes Medical Institute, Chevy Chase, MA 20815, USA.

† Corresponding author. Email: fupingyou@hsc.pku.edu.cn (F.Y.); erol.fikrig@yale.edu (E.F.)

* These authors contributed equally to this work.

要約

インターフェロン(IFN)の精密な制御は、免疫恒常性を維持するために不可欠である。今回われわれは、ホメオドメイン相互作用プロテインキナーゼ2(HIPK2)が、RNAウイルス感染に応答したI型IFNの産生に必要であることを示した。水疱性口内炎ウイルス(VSV)感染後のマクロファージでは、HIPK2欠損によりIFN産生が著しく低下し、HIPK2欠損マウスは、野生型マウスと比較して、致死性VSV疾患になりやすかった。VSV感染後、HIPK2は活性型カスパーゼによって切断され、それにより放出された高活性のN末端フラグメントが核に移行して、抗ウイルス応答をさらに増強した。一つには、HIPK2はELF4と相互作用し、そのSer369でのリン酸化を促進することによって、Ifn-β転写を可能にした。加えて、HIPK2産生がI型IFNによって刺激され、抗ウイルス免疫がさらに増強された。これらのデータから、HIPK2のキナーゼ活性と核移行が、I型IFNの産生に不可欠であることが示唆される。

Citation: L. Cao, G. Yang, S. Gao, C. Jing, R. R. Montgomery, Y. Yin, P. Wang, E. Fikrig, F. You, HIPK2 is necessary for type I interferon-mediated antiviral immunity. Sci. Signal. 12, eaau4604 (2019).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2019年3月19日号

Editor's Choice

細菌の多様なヌクレオチドシグナル

Research Article

HIPK2がI型インターフェロンを介する抗ウイルス免疫に必要である

がん細胞におけるGαqおよびGα11がんタンパク質の直接標的化

コッコミクサ(Coccomyxa)ロドプシンの結晶構造に基づく光開閉型プロトンチャネルの設計

最新のResearch Article記事

2019年10月1日号

複数生物種でCDK4/6阻害とVHL欠損の間に認められるHIF非依存性合成致死性

LGP2はPACTに結合しRIG-IおよびMDA5を介した抗ウイルス応答を調節する

2019年9月24日号

標的療法に対するKRAS変異アレル特異的な反応のシステム機構

脳由来神経栄養因子による感覚ニューロンT型Ca2+チャネルの刺激は末梢痛覚感受性の増加に寄与する

2019年9月17日号

腫瘍由来のTGF-βがミトコンドリア呼吸を阻害してヒトCD4+T細胞によるIFN-γ産生を抑制する