• ホーム
  • 遅い成長はサルモネラ菌(Salmonella enterica)の非遺伝性抗生物質耐性を決定する

遅い成長はサルモネラ菌(Salmonella enterica)の非遺伝性抗生物質耐性を決定する

Slow growth determines nonheritable antibiotic resistance in Salmonella enterica

Research Article

Sci. Signal. 30 Jul 2019:
Vol. 12, Issue 592, eaax3938
DOI: 10.1126/scisignal.aax3938

Mauricio H. Pontes1,2,* and Eduardo A. Groisman1,2,†

1 Department of Microbial Pathogenesis, Yale School of Medicine, 295 Congress Avenue, New Haven, CT 06536, USA.
2 Microbial Sciences Institute, Yale University, P.O. Box 27389, West Haven, CT 06516, USA.

† Corresponding author. Email: eduardo.groisman@yale.edu

* Present address: Department of Pathology and Laboratory Medicine, Department of Microbiology and Immunology, Pennsylvania State University College of Medicine, Hershey, PA 17033, USA.

要約

細菌は、その既存の遺伝的レパートリーにより媒介される表現型の変化を通じて殺菌性抗生物質による殺菌に耐えることができる。これらの変化は、耐性を生じさせる細菌集団の大部分によって一過性に示されるか、または、持続性を生じさせる小さな亜集団によって呈示される可能性がある。抗生物質の使用を弱体化することとは別に、耐性および持続性細菌は、抗生物質耐性変異株の出現を助長する。生残菌形成は、毒素-抗毒素モジュール、アデノシン三リン酸、およびグアノシン(五)四リン酸をそれぞれ含む、特定のタンパク質、代謝産物、およびシグナル伝達分子の存在量の変化に起因するとされてきた。ここで、われわれは、そのようなタンパク質、代謝産物、およびシグナル伝達分子の存在量の反対の変化にもかかわらず、持続性細菌が遅い成長のみの結果として形成することを報告する。われわれの発見は、細胞成長にしばしば関連している中核的な活動への一時的な障害が、成長における変化の原因である基となる生理学的プロセスに関係なく生残状態を促進すると主張する。

Citation: M. H. Pontes, E. A. Groisman, Slow growth determines nonheritable antibiotic resistance in Salmonella enterica. Sci. Signal. 12, eaax3938 (2019).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2019年7月30日号

Editor's Choice

新たなつながり:HIPK2は透明な結晶になる

Research Article

遅い成長はサルモネラ菌(Salmonella enterica)の非遺伝性抗生物質耐性を決定する

TNFR1の膜再編成が特徴的な様式のTNFαシグナル伝達を促進する

非競合的TNFR1阻害剤により立体構造の活性化状態を調べる

最新のResearch Article記事

2019年10月1日号

複数生物種でCDK4/6阻害とVHL欠損の間に認められるHIF非依存性合成致死性

LGP2はPACTに結合しRIG-IおよびMDA5を介した抗ウイルス応答を調節する

2019年9月24日号

標的療法に対するKRAS変異アレル特異的な反応のシステム機構

脳由来神経栄養因子による感覚ニューロンT型Ca2+チャネルの刺激は末梢痛覚感受性の増加に寄与する

2019年9月17日号

腫瘍由来のTGF-βがミトコンドリア呼吸を阻害してヒトCD4+T細胞によるIFN-γ産生を抑制する