• ホーム
  • IRF6とTAK1はHIPK2の活性化を協調的に亢進し、口蓋癒合過程のアポトーシスを促進する

IRF6とTAK1はHIPK2の活性化を協調的に亢進し、口蓋癒合過程のアポトーシスを促進する

IRF6 and TAK1 coordinately promote the activation of HIPK2 to stimulate apoptosis during palate fusion

Research Article

Sci. Signal. 06 Aug 2019:
Vol. 12, Issue 593, eaav7666
DOI: 10.1126/scisignal.aav7666

Chen-Yeh Ke1,2, Hua-Hsuan Mei1, Fen-Hwa Wong2,*, and Lun-Jou Lo1,*

1 Department of Plastic and Reconstructive Surgery, and Craniofacial Research Center, Chang Gung Memorial Hospital, Chang Gung University, Taoyuan, Taiwan
2 Department of Life Sciences and Institute of Genome Sciences, National Yang-Ming University, Taipei, Taiwan

* Corresponding author. Email: fhwa@ym.edu.tw (F.-H.W.); lunjoulo@cgmh.org.tw (L.-J.L.)

要約

口蓋裂は、口蓋の癒合不全によって生じる、よく見られる頭蓋顔面異常である。口蓋棚は両側から中央に向かって移動し、胚の正中で癒合してシーム(継ぎ目)が作られる。口蓋癒合の完了には、このシームに沿って位置する細胞である内側縁上皮(MEE)のトランスフォーミング増殖因子β3(TGF-β3)に誘導されるアポトーシスが必要である。転写因子のインターフェロン制御因子6(IRF6)は、転写因子ΔNp63の分解を刺激し、サイクリン依存性キナーゼ阻害物質p21をコードする遺伝子の発現を促進することによって、TGF-β3に誘導されるMEE細胞のアポトーシスを亢進する。ホメオドメイン相互作用プロテインキナーゼ2(HIPK2)はヒトがん細胞においてIRF6の下流で機能し、ケラチノサイトにおいてΔNp63タンパク質分解に必要であることから、われわれはHIPK2が口蓋癒合においてIRF6に誘導されるΔNp63分解に寄与するかどうかを調べた。HIPK2は、in vivoでのシーム形成中にはマウス口蓋棚のMEE細胞に存在し、生体外で培養した口蓋棚でIRF6を異所的に発現させると、Hipk2の発現が促進され、リン酸化されたHIPK2が蓄積された。器官培養におけるノックダウン実験と異所性発現実験では、HIPK2およびIRF6に依存したカスパーゼ3の活性化、MEEのアポトーシス、口蓋癒合にはp21が必要であることが実証された。両側の口蓋棚が接触すると、TGF-β活性化キナーゼ1(TAK1)のリン酸化が促進され、それによってHIPK2のリン酸化と口蓋癒合が促進された。これらの知見は、HIPK2がシーム細胞のアポトーシスとIRF6下流の口蓋癒合を促進することと、IRF6とTAK1が口蓋癒合過程において協調的にHIPK2の存在量を増加させ、その活性化を促進しているらしいことを示している。

Citation: C.-Y. Ke, H.-H. Mei, F.-H. Wong, L.-J. Lo, IRF6 and TAK1 coordinately promote the activation of HIPK2 to stimulate apoptosis during palate fusion. Sci. Signal. 12, eaav7666 (2019).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2019年8月6日号

Editor's Choice

HER2がSTINGを弱める

Research Article

IRF6とTAK1はHIPK2の活性化を協調的に亢進し、口蓋癒合過程のアポトーシスを促進する

SynGAP-ドーパミンD1受容体複合体の破壊はアクチンと微小管のダイナミクスを変化させGABA作動性介在ニューロンの移動を損なう

PKD3キナーゼはインスリンシグナル伝達を抑制することにより、コレステロールおよびトリグリセリドに対して負のフィードバックをもたらす

最新のResearch Article記事

2020年2月18日号

キノームのプロテオミクス機能解析によってMRCKAが高悪性度漿液性卵巣がんの治療標的として同定された

エナメル質細胞におけるCa2+シグナル伝達とミトコンドリア機能をフッ素曝露が変化させる

2020年2月11日号

5-HT6受容体とタンパク質パートナーの動的な相互作用が樹状突起ツリーの形態形成を制御する

可逆的EMTおよびMETは妊娠分娩時の羊膜リモデリングを仲介する

L型Ca2+チャンネルに媒介されるCa2+流入が、生理的および病態生理的条件に対してニューロンのミトコンドリア機能を調節する