• ホーム
  • Ca2+排出ポンプであるPMCAが膜近傍のCa2+を除去し、ストア作動性Ca2+流入およびNFAT活性化を促進する

Ca2+排出ポンプであるPMCAが膜近傍のCa2+を除去し、ストア作動性Ca2+流入およびNFAT活性化を促進する

The Ca2+ export pump PMCA clears near-membrane Ca2+ to facilitate store-operated Ca2+ entry and NFAT activation

Research Article

Sci. Signal. 08 Oct 2019:
Vol. 12, Issue 602, eaaw2627
DOI: 10.1126/scisignal.aaw2627

Christina K. Go1,2, Robert Hooper1,2, Matthew R. Aronson1, Bryant Schultz1, Taha Cangoz1, Neeharika Nemani2, Yi Zhang3, Muniswamy Madesh2, and Jonathan Soboloff1,2,*

1 Fels Institute for Cancer Research and Molecular Biology, Lewis Katz School of Medicine at Temple University, Philadelphia, PA 19140, USA.
2 Department of Medical Genetics and Molecular Biochemistry, Lewis Katz School of Medicine at Temple University, Philadelphia, PA 19140, USA.
3 Department of Immunology, Lewis Katz School of Medicine at Temple University, Philadelphia, PA 19140, USA.

*Corresponding author. Email: soboloff@temple.edu

要約

細胞運命において多能性変化を促進するCa2+シグナルは、陽イオンの流入と排出の間のバランスを反映している。われわれは、ジャーカットT細胞におけるCa2+排出性細胞膜カルシウムATPアーゼ4(PMCA4)ポンプのいずれかのアイソフォームの過剰発現が、Ca2+依存性転写因子である活性化T細胞核因子(NFAT)の活性化を予想外に亢進することを見出した。小胞体に常在するCa2+センサーである間質相互作用分子1(STIM1)とPMCA4bスプライスバリアントの共発現はNFATの活性をさらに亢進したが、STIM1とPMCA4aの共発現はNFATを抑制した。STIM1との会合におけるPMCA4スプライスバリアントの依存性は認められなかったが、STIM1パートナー(POST)はPMCA4aよりもPMCA4bと選択的に会合し、これがPMCA4の機能を阻害ではなくむしろ亢進した。ストア作動性Ca2+流入時のサイトゾルのCa2+存在量を細胞全体と膜近傍で比較したところ、特にPMCA4bがSTIM1と共発現しているときにPMCA4は膜近傍のCa2+濃度を顕著に低下させることが明らかになった。PMCA4bは、POSTおよびストア作動性Ca2+チャネルであるOrai1の両方と緊密に会合した。さらにPOSTをノックダウンすると膜近傍のCa2+濃度が上昇し、サイトゾル全体のCa2+の増加を抑制した。これらの観察結果から、PMCA4とOrai1のカップリングに働き、T細胞の活性化においてCa2+の脱抑制を介してCa2+の流入を促進するという、POSTの予想外の役割が解明された。

Citation: C. K. Go, R. Hooper, M. R. Aronson, B. Schultz, T. Cangoz, N. Nemani, Y. Zhang, M. Madesh, J. Soboloff, The Ca2+ export pump PMCA clears near-membrane Ca2+ to facilitate store-operated Ca2+ entry and NFAT activation. Sci. Signal. 12, eaaw2627 (2019).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2019年10月8日号

Editor's Choice

PAFとインフラマソーム

Research Article

T細胞由来の可溶性糖タンパク質GPIbαがワクチンアジュバントMDPによって活性化されたヒト単球のPGE2産生を仲介する

CARD9は樹状細胞が誘導するLyn欠損症関連自己免疫および炎症性疾患の発症をもたらす

Ca2+排出ポンプであるPMCAが膜近傍のCa2+を除去し、ストア作動性Ca2+流入およびNFAT活性化を促進する

最新のResearch Article記事

2019年12月3日号

β細胞におけるハイプシン生合成がポリアミン代謝を条件的な細胞増殖に結び付けてグルコース恒常性を維持する

セラミド-1-リン酸とIVA型細胞質ホスホリパーゼA2の相互作用は急性創傷の治癒と修復を調節する

バイアスM1受容体ポジティブアロステリックモジュレータがM1依存性げっ歯類皮質可塑性におけるホスホリパーゼDの役割を明らかに

2019年11月26日号

ストレス活性化プロテインキナーゼHog1によるチオールベースの直接的危険感知

PKR依存性の細胞質cGASフォーカスは細胞内DNAセンシングに必要である