• ホーム
  • 酸化的リン酸化を欠損したがん細胞の生存には小胞体からミトコンドリアへのCa2+移行が必要

酸化的リン酸化を欠損したがん細胞の生存には小胞体からミトコンドリアへのCa2+移行が必要

Cancer cells with defective oxidative phosphorylation require endoplasmic reticulum-to-mitochondria Ca2+ transfer for survival

Research Article

Sci. Signal. 14 Jul 2020:
Vol. 13, Issue 640, eaay1212
DOI: 10.1126/scisignal.aay1212

Cesar Cardenas1,2,3,4,*,†,‡, Alenka Lovy1,2,5,*, Eduardo Silva-Pavez1,2, Felix Urra2,6, Craig Mizzoni7, Ulises Ahumada-Castro1,2, Galdo Bustos1,2, Fabian Jaňa2,8, Pablo Cruz1,2, Paula Farias1,2, Elizabeth Mendoza1,2, Hernan Huerta1,2, Paola Murgas1, Martin Hunter7, Melany Rios1,2, Oscar Cerda9,10,11, Irene Georgakoudi7, Armen Zakarian4, Jordi Molgó12, and J. Kevin Foskett13,†,‡

  1. 1 Center for Integrative Biology, Faculty of Sciences, Universidad Mayor, Santiago 8580745, Chile.
  2. 2 Geroscience Center for Brain Health and Metabolism, Santiago 8580745, Chile.
  3. 3 Buck Institute for Research on Aging, Novato, CA 94945, USA.
  4. 4 Department of Chemistry and Biochemistry, University of California, Santa Barbara, Santa Barbara, CA 93106, USA.
  5. 5 Department of Neuroscience, Center for Neuroscience Research, Tufts University School of Medicine, Boston, MA 02111, USA.
  6. 6 Program of Molecular and Clinical Pharmacology, Institute of Biomedical Science, Universidad de Chile, Santiago 8380453, Chile.
  7. 7 Department of Biomedical Engineering, Tufts University, Medford, MA 02155, USA.
  8. 8 Universidad de Aysén, Coyhaique, 5952073, 8380453, Chile.
  9. 9 Program of Cellular and Molecular Biology, Institute of Biomedical Sciences (ICBM), Faculty of Medicine, Universidad de Chile, Santiago, Chile.
  10. 10 Millennium Nucleus of Ion Channels-Associated Diseases (MiNICAD), Santiago, Chile.
  11. 11 The Wound Repair, Treatment and Health (WoRTH), Santiago, Chile.
  12. 12 Université Paris-Saclay, CEA, Institut des Sciences du Vivant Frédéric Joliot, ERL CNRS n° 9004, Département Médicaments et Technologies pour la Santé, Service d'Ingénierie Moléculaire pour la Santé (SIMoS), bâtiment 152, Point courrier 24, F-91191 Gif sur Yvette, France.
  13. 13 Departments of Physiology and Cell and Developmental Biology, Perelman School of Medicine, University of Pennsylvania, Philadelphia, PA 19104, USA.

‡ Corresponding author. Email: julio.cardenas@umayor.cl (C.C.); foskett@pennmedicine.upenn.edu (J.K.F.)

* These authors contributed equally to this work.

† These authors contributed equally as co-senior authors.

要約

InsP3R細胞内Ca2+放出チャネルからミトコンドリアへの自発的なCa2+シグナル伝達は、最適な酸化的リン酸化(OXPHOS)とATP産生に必要不可欠である。OXPHOSを欠損した細胞では、還元当量と代謝前駆体量を維持するために、酸化的代謝の代わりに還元的カルボキシル化が働く。このような細胞での生体エネルギー制御においてミトコンドリアのCa2+取り込みが担う役割を調べるために、われわれはOXPHOS可能な細胞とOXPHOS欠損細胞を用いた。InsP3Rの活性またはミトコンドリアのCa2+取り込みを阻害すると、α-ケトグルタル酸(αKG)量が増加し、NAD+/NADH比が上昇したことから、小胞体(ER)からミトコンドリアへの恒常的なCa2+移行が最適なαKGデヒドロゲナーゼ(αKGDH)活性を促進することが示された。ミトコンドリアのCa2+を減少させると、αKGDH活性が阻害され、NAD+が増加し、それによってSIRT1依存性のオートファジーがOXPHOS可能な細胞とOXPHOS欠損細胞の両方で誘導された。OXPHOS可能な細胞では、オートファジーの流動によって細胞の生存が促進されたが、OXPHOS欠損細胞ではオートファゴソームとリソソームの融合が阻害されるせいでオートファジーの流動が損なわれた。OXPHOS欠損細胞では、ERからミトコンドリアへの恒常的なCa2+の流れを中断させると、それに応答してαKGDHが阻害され、オートファジーの流動が損なわれ、明白な細胞死が引き起こされた。これらの結果は、OXPHOS可能な細胞とOXPHOS欠損細胞のいずれにおいても、生体エネルギー恒常性を維持するうえでミトコンドリアが基本的役割を担い、Ca2+によるαKGDH活性の調節が中心的役割を担っていることを明示している。ERからミトコンドリアへのCa2+移行の阻害は、OXPHOSの状態に関係なく、がん細胞に対する全般的な治療ストラテジーとなる可能性がある。

Citation: C. Cardenas, A. Lovy, E. Silva-Pavez, F. Urra, C. Mizzoni, U. Ahumada-Castro, G. Bustos, F. Jaňa, P. Cruz, P. Farias, E. Mendoza, H. Huerta, P. Murgas, M. Hunter, M. Rios, O. Cerda, I. Georgakoudi, A. Zakarian, J. Molgó, J. K. Foskett, Cancer cells with defective oxidative phosphorylation require endoplasmic reticulum-to-mitochondria Ca2+ transfer for survival. Sci. Signal. 13, eaay1212 (2020).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2020年7月14日号

Editor's Choice

新たなつながり:Ca2+シグナル伝達の流動と距離

Research Article

酸化的リン酸化を欠損したがん細胞の生存には小胞体からミトコンドリアへのCa2+移行が必要

シロイヌナズナの全身性創傷シグナル伝達には2つのグルタミン酸およびpH調節Ca2+チャネルが必要である

定量モデルから導いた変異原性によって、完全長のCXCR4-CXCL12複合体の機能解剖学を体系的に検討

最新のResearch Article記事

2021年1月5日号

ミトコンドリアDNAの変化がフマル酸ヒドラターゼ欠損腎がんにおける好気的解糖への不可逆的シフトの基礎にある

カンピロバクター・ジェジュニの化学受容器Tlp10は二峰性のリガンド結合ドメインと複数のクラスの化学エフェクターへの特異性を持つ

2020年12月22日号

Akt1-CREB経路の活性化によりRNF146発現が促進され、PARP1を介する神経細胞死が抑制される

2020年12月15日号

Aβオリゴマーはアルツハイマー病モデルマウスにおいて病態生理学的なmGluR5シグナル伝達を性選択的に誘導する

TGF-βシグナル伝達におけるSMAD2による転写コアクチベーター認識の構造的基盤