• ホーム
  • コラーゲン受容体糖タンパク質VIが血小板に媒介されるβアミロイドの凝集を促進する

コラーゲン受容体糖タンパク質VIが血小板に媒介されるβアミロイドの凝集を促進する

The collagen receptor glycoprotein VI promotes platelet-mediated aggregation of β-amyloid

Research Article

Sci. Signal. 04 Aug 2020:
Vol. 13, Issue 643, eaba9872
DOI: 10.1126/scisignal.aba9872

Lili Donner1,*, Laura Mara Toska1,*, Irena Krüger1, Sandra Gröniger1, Ruben Barroso2, Alice Burleigh2, Diego Mezzano3, Susanne Pfeiler4, Malte Kelm4, Norbert Gerdes4, Steve P. Watson2,5, Yi Sun2,5, and Margitta Elvers1,†

  1. 1 Department of Vascular and Endovascular Surgery, Heinrich-Heine University Medical Center, Moorenstrasse 5, 40225 Düsseldorf, Germany.
  2. 2 Institute of Cardiovascular Sciences, IBR Building, College of Medical and Dental Sciences, University of Birmingham, Birmingham B15 2TT, UK.
  3. 3 Department of Hematology and Oncology, School of Medicine, Pontificia Universidad Católica de Chile, Santiago 8330034, Chile.
  4. 4 Division of Cardiology, Pulmonology and Vascular Medicine, Medical Faculty, Heinrich-Heine University, Moorenstrasse 5, 40225 Düsseldorf, Germany.
  5. 5 Centre of Membrane Proteins and Receptors (COMPARE), Universities of Birmingham and Nottingham, The Midlands B12 2TT, UK.

† Corresponding author. Email: margitta.elvers@med.uni-duesseldorf.de

* These authors contribute equally to this work.

要約

脳アミロイド血管症(CAA)と脳実質内のβアミロイド(Aβ)沈着はアルツハイマー病(AD)の特徴である。われわれは以前、血小板がAβ40のフィブリノーゲン受容体インテグリンαIIbβ3への結合時にクラスタリンという因子を分泌することによって大脳血管内のAβ凝集に関与していることを報告した。本稿では、血小板に誘導されるアミロイド凝集へのコラーゲン受容体GPVI(糖タンパク質VI)の関与について調べた。われわれはGPVI野生型およびGPVI欠損型のヒトドナーおよびマウスから単離した血小板を用いて、Aβ40がGPVIに結合するとATPとフィブリノーゲンの遊離が誘導され、血小板の凝集が引き起こされることを明らかにした。インテグリンαIIbβ3、フィブリノーゲン、GPVIへのAβ40の結合は集合的に、血小板表面でのアミロイドクラスター形成に関与した。結果的に、αIIbβ3の遮断またはGPVIの遺伝学的欠失によって、培養血小板ではアミロイド線維形成が抑制され、マウスではAβによって活性化された血小板の損傷頸動脈への付着が減少した。ロサルタン処理によってGPVIへのコラーゲンの結合を阻害すると、Aβ40に刺激される血小板の活性化、因子の分泌、血小板の凝集が減少した。さらに、GPVI遮断抗体またはインテグリン遮断抗体で処理すると、血小板と会合したアミロイド凝集物の形成が減少した。われわれの知見は、Aβ40がGPVIとインテグリンαIIbβ3の両方に結合することによって血小板に媒介されるアミロイド凝集を促進することを示している。これらの経路を遮断することで、患者の大脳血管と脳実質のアミロイド斑形成を治療的に減少できる可能性がある。

Citation: L. Donner, L. M. Toska, I. Krüger, S. Gröniger, R. Barroso, A. Burleigh, D. Mezzano, S. Pfeiler, M. Kelm, N. Gerdes, S. P. Watson, Y. Sun, M. Elvers, The collagen receptor glycoprotein VI promotes platelet-mediated aggregation of β-amyloid. Sci. Signal. 13, eaba9872 (2020).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2020年8月4日号

Editor's Choice

好中球の群れを調整する

Research Article

種間トランスレーションモデルはインフリキシマブ耐性炎症性腸疾患にインテグリンシグナル伝達を関係付ける

コラーゲン受容体糖タンパク質VIが血小板に媒介されるβアミロイドの凝集を促進する

K+を感知する二成分制御系KdpDEのシグナル伝達機構に関する構造的洞察

最新のResearch Article記事

2021年4月13日号

mTORC2は保存されたTOR相互作用モチーフのリン酸化によってPKCおよびAktの活性を調節する

DDAH2は一酸化窒素により活性化されるDrp1誘導性のミトコンドリア分裂を刺激することによってRLR-MAVSを介する抗ウイルス自然免疫を抑制する

2021年4月6日号

骨髄系細胞由来HOClは、メラノーマ細胞のIKK/NF-κBをトランス阻害し早期の腫瘍進展を抑制するパラクリンエフェクターである

mGlu2/mGlu4受容体ヘテロ二量体による前頭前皮質内側部におけるグルタミン酸作動性シナプス伝達の入力特異的な調節

2021年3月30日号

GRK5のN末端ペプチドが圧過負荷肥大心および心不全を軽減する