• ホーム
  • ドパミンニューロンにおけるµ-オピオイド受容体誘導性シナプス可塑性がアナボリックアンドロゲンステロイドの報酬作用を仲介する

ドパミンニューロンにおけるµ-オピオイド受容体誘導性シナプス可塑性がアナボリックアンドロゲンステロイドの報酬作用を仲介する

µ-Opioid receptor-induced synaptic plasticity in dopamine neurons mediates the rewarding properties of anabolic androgenic steroids

Research Article

Sci. Signal. 01 Sep 2020:
Vol. 13, Issue 647, eaba1169
DOI: 10.1126/scisignal.aba1169

Leonardo Bontempi1,* and Antonello Bonci2,*

  1. 1 Intramural Research Program, Synaptic Plasticity Section, National Institute on Drug Abuse, Baltimore, MD 21224, USA.
  2. 2 Global Institutes on Addictions, Miami, FL 33132 USA.

* Corresponding author. Email: leonardo.bontempi@iit.it (L.B.); anto.bonci@gia.miami (A.B.)

要約

アナボリックアンドロゲンステロイド(AAS)は医学的に有用であるが、乱用されることが多く、脳の報酬回路に対するAASの作用が、嗜癖につながることが示唆されている。われわれは、マウスにおけるAASの報酬作用に関して、これまでに報告されたAASと内因性µ-オピオイド系との相関を検討した。超生理学的用量の天然または合成AASの単回注射により、推定上の腹側被蓋野(VTA)ドパミン作動性ニューロンにおいて、興奮性シナプス伝達が強化されることがわかった。この作用は、µ-オピオイド受容体(MOR)の活性化と、VTA内および血漿中に放出されるβ-エンドルフィンの増加に関連した。VTAのMORを不可逆的に遮断すると、2つの薬物探索行動、自発運動活性、場所嗜好性が解消された。これらのデータから、AASは、内因性オピオイドシグナル伝達の活性化を介して、脳のドパミン作動性報酬中枢を間接的に刺激すること、またこの機構がAASの嗜癖作用を仲介することが示唆される。

Citation: L. Bontempi, A. Bonci, µ-Opioid receptor-induced synaptic plasticity in dopamine neurons mediates the rewarding properties of anabolic androgenic steroids. Sci. Signal. 13, eaba1169 (2020).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2020年9月1日号

Editor's Choice

エキソソームのスイッチを入れる

Research Article

ドパミンニューロンにおけるµ-オピオイド受容体誘導性シナプス可塑性がアナボリックアンドロゲンステロイドの報酬作用を仲介する

14-3-3の結合はホスホランバンの修飾状態を安定化することによってキナーゼ活性の記憶を作る

GTPアーゼ Rap1の活性化因子であるC3Gの自己調節機構とリンパ腫におけるその触媒調節解除

最新のResearch Article記事

2021年1月5日号

ミトコンドリアDNAの変化がフマル酸ヒドラターゼ欠損腎がんにおける好気的解糖への不可逆的シフトの基礎にある

カンピロバクター・ジェジュニの化学受容器Tlp10は二峰性のリガンド結合ドメインと複数のクラスの化学エフェクターへの特異性を持つ

2020年12月22日号

Akt1-CREB経路の活性化によりRNF146発現が促進され、PARP1を介する神経細胞死が抑制される

2020年12月15日号

Aβオリゴマーはアルツハイマー病モデルマウスにおいて病態生理学的なmGluR5シグナル伝達を性選択的に誘導する

TGF-βシグナル伝達におけるSMAD2による転写コアクチベーター認識の構造的基盤