• ホーム
  • PKM活性を調節するとTH17細胞の分化に影響する

PKM活性を調節するとTH17細胞の分化に影響する

Modulation of PKM activity affects the differentiation of TH17 cells

Research Article

Sci. Signal. 27 Oct 2020:
Vol. 13, Issue 655, eaay9217
DOI: 10.1126/scisignal.aay9217

Scott M. Seki1,2,3, Kacper Posyniak1, Rebecca McCloud4, Dorian A. Rosen1,5, Anthony Fernández-Castañeda1,2, Rebecca M. Beiter1,2, Vlad Serbulea5, Sarah C. Nanziri1, Nikolas Hayes1, Charles Spivey1, Lelisa Gemta6,7, Timothy N. J. Bullock6,7, Ku-Lung Hsu4, and Alban Gaultier1,*

  1. 1 Center for Brain Immunology and Glia, Department of Neuroscience, University of Virginia, Charlottesville, VA 22908, USA.
  2. 2 Graduate Program in Neuroscience, University of Virginia, Charlottesville, VA 22908, USA.
  3. 3 Medical Scientist Training Program, University of Virginia, Charlottesville, VA 22908, USA.
  4. 4 Department of Chemistry, University of Virginia, Charlottesville, VA 22908, USA.
  5. 5 Graduate Program in Pharmacological Sciences, University of Virginia, Charlottesville, VA 22908, USA.
  6. 6 Department of Microbiology, Immunology and Cancer Biology, University of Virginia, Charlottesville, VA 22908, USA.
  7. 7 Department of Pathology, School of Medicine, University of Virginia, Charlottesville, VA 22908, USA.

* Corresponding author. Email: ag7h@virginia.edu

要約

TEPP-46、DASA-58など、ピルビン酸キナーゼアイソフォームPKM2の代謝活性を促進する低分子は、腫瘍発生と炎症を抑制する。これらの化合物がT細胞の機能をどのように変化させるかを理解するために、多発性硬化症(MS)を模倣したT細胞媒介性の自己免疫マウスモデルでこれらの化合物の治療活性を評価した。TH17は、ある部分においてはインターロイキン17(IL-17)とGM-CSFという2つの炎症性サイトカインの産生を介して、MSの病理を調節していると考えられている。われわれは、TEPP-46とDASA-58がいずれも、IL-17を産生するTH17細胞の発達を抑制する一方で、GM-CSFを産生するTH17細胞の発生を促進することを見出した。この切り替えによって、疾患の病理は脊髄から脳へと方向転換された。これに加え、PKM2の活性化によって、TH17および制御性T細胞の発達に必要なTGF-β1シグナル伝達が妨げられることも明らかにした。まとめると、われわれのデータはMS様疾患におけるPKM2活性化因子の治療薬としての可能性と、これらの薬剤がT細胞の機能をどのように変化させるかを明らかにしている。

Citation: S. M. Seki, K. Posyniak, R. McCloud, D. A. Rosen, A. Fernández-Castañeda, R. M. Beiter, V. Serbulea, S. C. Nanziri, N. Hayes, C. Spivey, L. Gemta, T. N. J. Bullock, K.-L. Hsu, A. Gaultier, Modulation of PKM activity affects the differentiation of TH17 cells. Sci. Signal. 13, eaay9217 (2020).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2020年10月27日号

Editor's Choice

ピロトーシスのチェックポイント

Research Article

PKM活性を調節するとTH17細胞の分化に影響する

シグナルを伝達するアメーバ様細胞の集団的な行動が、空間的不均一性によって形成される

Reviews

神経系におけるアンギオモチンの新たな役割

最新のResearch Article記事

2021年1月5日号

ミトコンドリアDNAの変化がフマル酸ヒドラターゼ欠損腎がんにおける好気的解糖への不可逆的シフトの基礎にある

カンピロバクター・ジェジュニの化学受容器Tlp10は二峰性のリガンド結合ドメインと複数のクラスの化学エフェクターへの特異性を持つ

2020年12月22日号

Akt1-CREB経路の活性化によりRNF146発現が促進され、PARP1を介する神経細胞死が抑制される

2020年12月15日号

Aβオリゴマーはアルツハイマー病モデルマウスにおいて病態生理学的なmGluR5シグナル伝達を性選択的に誘導する

TGF-βシグナル伝達におけるSMAD2による転写コアクチベーター認識の構造的基盤