• ホーム
  • シグナルを伝達するアメーバ様細胞の集団的な行動が、空間的不均一性によって形成される

シグナルを伝達するアメーバ様細胞の集団的な行動が、空間的不均一性によって形成される

Spatial heterogeneities shape the collective behavior of signaling amoeboid cells

Research Article

Sci. Signal. 27 Oct 2020:
Vol. 13, Issue 655, eaaz3975
DOI: 10.1126/scisignal.aaz3975

Torsten F. Eckstein*, Estefania Vidal-Henriquez*, Albert J. Bae, and Azam Gholami

Max Planck Institute for Dynamics and Self-Organization, Am Faßberg 17, 37077 Göttingen, Germany.

‡ Corresponding author. Email: azam.gholami@ds.mpg.de

* These authors contributed equally to this work.

† Present address: Department of Biomedical Engineering, University of Rochester, Rochester, NY 14627, USA.

要約

細胞性粘菌Dictyostelium discoideumは森林土壌中のその本来の生息環境において、障害物に曝されている。飢餓状態にあるDictyostelium細胞は、その長期生存に必要な凝集過程を促進する重要な細胞外シグナル伝達分子であるcAMPを分泌している。本稿でわれわれは、Dictyostelium細胞のシグナル伝達およびパターン形成に対する環境的不均一性の影響を調べた。ミリメートルサイズのピラーをペトリ皿に周期的に配列させ、シグナルを伝達しているDictyostelium細胞のパターン形成に関する実験データと数値的シミュレーションの結果を示した。その結果、同心円状のcAMP波がピラー部分でほぼ同時に発生し、外側に伝播している様子を観察した。これらの円径の波を受けたDictyostelium細胞はピラーに向けて移動し、格子状のピラーの周期性を反映したパターンに配置される凝集体を形成した。われわれの結果は、自然の中で、細胞の興奮閾値および同期レベルが、細胞と環境中の空間的不均一性の間の相互作用という性質を制御する、2つの重要なパラメータであることを示唆している。

Citation: T. F. Eckstein, E. Vidal-Henriquez, A. J. Bae, A. Gholami, Spatial heterogeneities shape the collective behavior of signaling amoeboid cells. Sci. Signal. 13, eaaz3975 (2020).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2020年10月27日号

Editor's Choice

ピロトーシスのチェックポイント

Research Article

PKM活性を調節するとTH17細胞の分化に影響する

シグナルを伝達するアメーバ様細胞の集団的な行動が、空間的不均一性によって形成される

Reviews

神経系におけるアンギオモチンの新たな役割

最新のResearch Article記事

2021年1月5日号

ミトコンドリアDNAの変化がフマル酸ヒドラターゼ欠損腎がんにおける好気的解糖への不可逆的シフトの基礎にある

カンピロバクター・ジェジュニの化学受容器Tlp10は二峰性のリガンド結合ドメインと複数のクラスの化学エフェクターへの特異性を持つ

2020年12月22日号

Akt1-CREB経路の活性化によりRNF146発現が促進され、PARP1を介する神経細胞死が抑制される

2020年12月15日号

Aβオリゴマーはアルツハイマー病モデルマウスにおいて病態生理学的なmGluR5シグナル伝達を性選択的に誘導する

TGF-βシグナル伝達におけるSMAD2による転写コアクチベーター認識の構造的基盤