• ホーム
  • ショウジョウバエにおいて2′3′-cGAMPがSTINGおよびNF-κBに依存して広範な抗ウイルス応答を引き起こす

ショウジョウバエにおいて2′3′-cGAMPがSTINGおよびNF-κBに依存して広範な抗ウイルス応答を引き起こす

2′3′-cGAMP triggers a STING- and NF-κB-dependent broad antiviral response in Drosophila

Research Article

Sci. Signal. 01 Dec 2020:
Vol. 13, Issue 660, eabc4537
DOI: 10.1126/scisignal.abc4537

Hua Cai1,2, Andreas Holleufer3, Bine Simonsen3, Juliette Schneider2, Aurélie Lemoine2, Hans Henrik Gad3, Jingxian Huang1, Jieqing Huang1, Di Chen1, Tao Peng1, João T. Marques4,5, Rune Hartmann3,*, Nelson E. Martins2,*, and Jean-Luc Imler1,2

  1. 1 Sino-French Hoffmann Institute, State Key Laboratory of Respiratory Disease, School of Basic Medical Science, Guangzhou Medical University, Guangzhou 511436, China.
  2. 2 Université de Strasbourg, CNRS UPR 9022, 67084 Strasbourg, France.
  3. 3 Department of Molecular Biology and Genetics, Aarhus University, 8000 Aarhus C, Denmark.
  4. 4 Université de Strasbourg, CNRS UPR 9022, INSERM U1257, 67084 Strasbourg, France.
  5. 5 Department of Biochemistry and Immunology, Instituto de Ciências Biológicas, Universidade Federal de Minas Gerais, Belo Horizonte, Minas Gerais CEP 31270901, Brazil.

* Corresponding author. Email: rh@mbg.au.dk (R.H.); nmartins@ibmc-cnrs.unistra.fr (N.E.M.)

要約

われわれは以前、ショウジョウバエ(Drosophila)においてSTINGのオルソログがピコルナ様ウイルスによる感染を制御していることを報告した。哺乳類においてSTINGは、細胞質DNAの受容体として働くcGASにより産生される環状ジヌクレオチド2′3′-cGAMPによって活性化される。今回われわれは、ハエに2′3′-cGAMPを注入することで、dSTINGで制御されている遺伝子の発現が誘導されることを明らかにした。2′3′-cGAMPと、RNAまたはDNAウイルス群を同時に注入すると、ウイルス複製が大幅に減少した。このような2′3′-cGAMPを介した防御は、オートファジーと低分子干渉RNA経路の主要な構成要素をそれぞれコードする遺伝子Atg7およびAGO2が変異したハエでも認められた。一方、NF-κB転写因子Relishをコードする遺伝子が変異したハエでは、このような防御は消失していた。2′3′-cGAMPを注入したハエのトランスクリプトーム解析から、遺伝子が速やかに誘導されたり、遅延して誘導されたり、または持続的に誘導されたりといった、複雑な応答パターンをとることが明らかにされた。われわれの結果は、脊椎動物におけるインターフェロンの出現前から存在しているNF-κB依存性の抗ウイルスプログラムを、dSTINGが制御していることを解明した。

Citation: H. Cai, A. Holleufer, B. Simonsen, J. Schneider, A. Lemoine, H. H. Gad, J. Huang, J. Huang, D. Chen, T. Peng, J. T. Marques, R. Hartmann, N. E. Martins, J.-L. Imler, 2′3′-cGAMP triggers a STINGand NF-κB-dependent broad antiviral response in Drosophila. Sci. Signal. 13, eabc4537 (2020).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2020年12月1日号

Editor's Choice

Research Article

ショウジョウバエにおいて2′3′-cGAMPがSTINGおよびNF-κBに依存して広範な抗ウイルス応答を引き起こす

LGR4とは異なりLGR5はE3リガーゼを捕捉することなくWnt-β-カテニンシグナル伝達を増強する

Research Resources

トランスオミクス解析から肥満における肝臓のグルコース応答性代謝の変化に関わるアロステリック経路と遺伝子調節経路が明らかに

最新のResearch Article記事

2021年1月5日号

ミトコンドリアDNAの変化がフマル酸ヒドラターゼ欠損腎がんにおける好気的解糖への不可逆的シフトの基礎にある

カンピロバクター・ジェジュニの化学受容器Tlp10は二峰性のリガンド結合ドメインと複数のクラスの化学エフェクターへの特異性を持つ

2020年12月22日号

Akt1-CREB経路の活性化によりRNF146発現が促進され、PARP1を介する神経細胞死が抑制される

2020年12月15日号

Aβオリゴマーはアルツハイマー病モデルマウスにおいて病態生理学的なmGluR5シグナル伝達を性選択的に誘導する

TGF-βシグナル伝達におけるSMAD2による転写コアクチベーター認識の構造的基盤