• ホーム
  • NOD1の存在量のわずかな持続的な増加がリガンド非依存的な炎症性応答およびがん遺伝子の転写応答を促進する

NOD1の存在量のわずかな持続的な増加がリガンド非依存的な炎症性応答およびがん遺伝子の転写応答を促進する

A small sustained increase in NOD1 abundance promotes ligand-independent inflammatory and oncogene transcriptional responses

Research Article

Sci. Signal. 08 Dec 2020:
Vol. 13, Issue 661, eaba3244
DOI: 10.1126/scisignal.aba3244

Leah M. Rommereim1,*,†, Ajay Suresh Akhade1,*, Bhaskar Dutta2,*, Carolyn Hutcheon1,‡, Nicolas W. Lounsbury2, Clifford C. Rostomily1, Ram Savan3, Iain D. C. Fraser2, Ronald N. Germain2, and Naeha Subramanian1,3,4,§

  1. 1 Institute for Systems Biology, Seattle, WA 98109, USA.
  2. 2 Laboratory of Immune System Biology, National Institute of Allergy and Infectious Diseases, National Institutes of Health, Bethesda, MD 20892-0421, USA.
  3. 3 Department of Immunology, University of Washington, Seattle, WA 98109, USA.
  4. 4 Department of Global Health, University of Washington, Seattle, WA 98109, USA.

§ Corresponding author. Email: nsubrama@systemsbiology.org

* These authors contributed equally to this work as co-first authors.

† Present address: SEngine Precision Medicine, Seattle, WA 98109, USA.

‡ Present address: Resolution Bioscience, Kirkland, WA 98033, USA.

要約

転写における小さな遺伝的に決定された違い[発現量的形質遺伝子座(eQTL)]は、未知の分子機構を介して複雑な疾患に関係している。ここでは、自然病原体センサーNOD1の存在量のわずかな持続的増加が単球の転写状態の大きな変化を引き起こすことを示した。マイクロRNAクラスターmiR-15b/16による調節の喪失に起因するNOD1タンパク質の存在量の1.2〜1.3倍の増加は、転写因子NF-κBおよびMAPKp38のリガンド誘導性活性化の閾値を低下させた。NOD1の存在量を基底量の1.5倍にさらに持続的に増加させることにより、この低リガンド濃度必要量を飛び越え、炎症誘発性遺伝子およびがん遺伝子の強力なリガンド非依存性誘導をもたらした。これらの発見は、NOD1の存在量を厳密に調節することで、このセンサーが持続的な炎症とがん遺伝子の発現を促進する生理学的スイッチチェックポイントを超えるのを防ぐことを明らかにした。さらに、われわれのデータは、タンパク質量の量的に小さな変化が、疾病のイニシエーターとして機能しうる細胞状態の顕著な変化をどのように生み出すことができるかについての洞察を提供する。

Citation: L. M. Rommereim, A. S. Akhade, B. Dutta, C. Hutcheon, N. W. Lounsbury, C. C. Rostomily, R. Savan, I. D. C. Fraser, R. N. Germain, N. Subramanian, A small sustained increase in NOD1 abundance promotes ligand-independent inflammatory and oncogene transcriptional responses. Sci. Signal. 13, eaba3244 (2020).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2020年12月8日号

Editor's Choice

新たなつながり:免疫のバランスを回復する

Research Article

イオンチャネルTRPM7を標的にするとIL-2シグナル伝達の促進によって胸腺での制御性T細胞の発生が促進される

NOD1の存在量のわずかな持続的な増加がリガンド非依存的な炎症性応答およびがん遺伝子の転写応答を促進する

Research Resources

新規のTNFR2アゴニスト抗体によるきわめて強力な制御性T細胞の増殖

最新のResearch Article記事

2021年8月24日号

TCRとCARのシグナル伝達の比較解析によってCARデザインの抗原感受性とin vivo機能を向上させる

単一細胞解析はMVAワクチンに対するヒト樹状細胞の多様な応答を明らかに

2021年8月17日号

CXCL12二量体が非定型ケモカイン受容体1に結合する

小型化され最適化されたキメラ可溶性gp130によるIL-6トランスシグナル伝達の選択的阻害はTH17細胞の増殖を阻害する

2021年8月10日号

受容体型チロシンキナーゼシグナル伝達のリンパ特異的細胞内調節はリンパ管の伸展と機能を改善する