• ホーム
  • ACE2およびインテグリンβ3の細胞質側の短鎖モチーフが、SARS-CoV-2宿主細胞受容体を、エンドサイトーシスおよびオートファジーのメディエーターにリンクする

ACE2およびインテグリンβ3の細胞質側の短鎖モチーフが、SARS-CoV-2宿主細胞受容体を、エンドサイトーシスおよびオートファジーのメディエーターにリンクする

Cytoplasmic short linear motifs in ACE2 and integrin β3 link SARS-CoV-2 host cell receptors to mediators of endocytosis and autophagy

Research Article

Sci. Signal. 12 Jan 2021:
Vol. 14, Issue 665, eabf1117
DOI: 10.1126/scisignal.abf1117

Johanna Kliche1, Hanna Kuss1,2, Muhammad Ali1, and Ylva Ivarsson1,*

  1. 1 Department of Chemistry, BMC, Uppsala University, Husargatan 3, 751 23 Uppsala, Sweden.
  2. 2 WWU Münster, Institute for Evolution and Biodiversity, DE-48149 Münster, Germany.

* Corresponding author. Email: ylva.ivarsson@kemi.uu.se

要約

SARS-CoV-2のスパイクタンパク質は宿主細胞表面のアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)と結合し、その後、受容体を介するエンドサイトーシスを通じて宿主細胞に侵入する。インテグリンをはじめとするその他の細胞受容体が、直接または間接的に関係している可能性がある。ACE2およびインテグリンの細胞質側末端には、ウイルスの内部移行を促すのみならず、オートファジーなどのプロセスを介してその後の増殖を促進すると考えられる、複数の短鎖モチーフ(SLiM)が含まれると予測されている。今回われわれは、ACE2およびインテグリンβ3の細胞質側末端にあるSLiMと、エンドサイトーシス輸送およびオートファジーを媒介するタンパク質との間に予測される相互作用の、結合親和性を測定した。われわれは、クラスI PDZ結合モチーフがACE2と足場タンパク質SNX27、NHERF3およびSHANKとの結合を媒介すること、さらにACE2中のクラスリンアダプターAP2μ2の結合部位が、SrcファミリーチロシンキナーゼのSH2ドメインに対するリン酸依存性結合部位と重複していることを確認した。さらにわれわれは、インテグリンβ3中のLC3相互作用領域(LIR)が、オートファジー受容体であるMAP1LC3およびGABARAPのATG8ドメインと、LIR隣接部位のリン酸化によって増強される形で結合していることを確認した。われわれの結果は、ウイルスの侵入と増殖を促すと考えられる、細胞受容体と、エンドサイトーシスおよびオートファジーのメディエーターとの分子リンクを提示している。

Citation: J. Kliche, H. Kuss, M. Ali, Y. Ivarsson, Cytoplasmic short linear motifs in ACE2 and integrin β3 link SARS-CoV-2 host cell receptors to mediators of endocytosis and autophagy. Sci. Signal. 14, eabf1117 (2021).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2021年1月12日号

Editor's Choice

H2O2で呼吸する

Research Article

ACE2およびインテグリンβ3の細胞質側の短鎖モチーフが、SARS-CoV-2宿主細胞受容体を、エンドサイトーシスおよびオートファジーのメディエーターにリンクする

増強されたBMPシグナル伝達はオートファジー性βカテニン分解を抑制することによって頭蓋神経堤細胞の分化運命を軟骨形成に決定づける

Research Resources

SARS-CoV-2に用いられる細胞侵入システムにおける短鎖モチーフ候補とそれらの潜在的な治療上の意味

最新のResearch Article記事

2021年3月30日号

GRK5のN末端ペプチドが圧過負荷肥大心および心不全を軽減する

イノシトール1,4,5-三リン酸3-キナーゼBはCa2+動員と樹状細胞の炎症活性を促進する

2021年3月23日号

TMEM16Fは免疫シナプスでのバイスタンダーTCR結合CD3の膜解離を仲介してT細胞の活性化を増強する

NAADP誘発性Ca2+シグナル伝達においてJPT2は必須条件である

HN1L/JPT2:NAADPの生成をCa2+マイクロドメイン形成に結び付けるシグナル伝達タンパク質