• ホーム
  • マスサイトメトリーを用いたIL-1β誘発性炎症性シグナル伝達に最も応答するヒト免疫細胞サブタイプの同定

マスサイトメトリーを用いたIL-1β誘発性炎症性シグナル伝達に最も応答するヒト免疫細胞サブタイプの同定

Identification of human immune cell subtypes most responsive to IL-1β-induced inflammatory signaling using mass cytometry

Research Article

Sci. Signal. 09 Mar 2021:
Vol. 14, Issue 673, eabc5763
DOI: 10.1126/scisignal.abc5763

Hema Kothari1,2,*, Corey M. Williams3,4, Chantel McSkimming1, Fabrizio Drago1, Melissa A. Marshall1, James Garmey1, Mythili Vigneshwar1, Eli R. Zunder3, and Coleen A. McNamara1,2

  1. 1 Carter Immunology Center, University of Virginia, Charlottesville, VA 22908, USA.
  2. 2 Cardiovascular Division, Department of Medicine, University of Virginia, Charlottesville, VA 22903, USA.
  3. 3 Department of Biomedical Engineering, University of Virginia, Charlottesville, VA 22908, USA.
  4. 4 Cardiovascular Research Center, University of Virginia, Charlottesville, VA 22908, USA.

* Corresponding author. Email: hk6x@virginia.edu

要約

IL-1βは、COVID-19による高い罹患率と死亡率に関連するサイトカインストームの重要なメディエーターであり、COVID-19感染時のアナキンラとカナキヌマブによるIL-1β遮断が臨床試験に入っている。ヒト末梢血単核細胞のマスサイトメトリーを用いて、エフェクターメモリーCD4+ T細胞およびCD4CD8low/−CD161+ T細胞、特にケモカイン受容体CCR6陽性細胞を、IL-1βに対して最大の応答を示す循環免疫サブタイプとして同定した。この応答は、リン酸化の増加、したがって炎症誘発性転写因子NF-κBの活性化として現れ、CD11c+骨髄性樹状細胞、古典的単球、ナチュラルキラー細胞の2つのサブセット(CD16CD56brightCD161およびCD16CD56dimCD161+)およびCD161とCD25を発現する系統(Lin)細胞を含む他のサブセットでも見られた。IL-1βはまた、これらの免疫細胞サブセットのほとんどで、NF-κBのリン酸化と比較して、キナーゼp38のリン酸化の急速ではあるがそれほど頑強ではない増加を誘導した。長期のIL-1β刺激は、さまざまな免疫細胞タイプにわたって、転写因子STAT3のリン酸化を増加させ、より少ない程度ではあるが、STAT1およびSTAT5のリン酸化を増加させた。IL-6のIL-1β誘導性産生は、後の時点でSTAT1とSTAT3の活性化を引き起こした可能性がある。アナキンラによる個人間の不均一性とSTAT活性化の阻害は、CCR6+ T細胞サブタイプのIL-1βに応答したNF-κBリン酸化を測定するアッセイが、サイトカインストームのリスクが高く、IL-1β中和療法の恩恵を受ける可能性が最も高い患者を特定できる可能性を高める。

Citation: H. Kothari, C. M. Williams, C. McSkimming, F. Drago, M. A. Marshall, J. Garmey, M. Vigneshwar, E. R. Zunder, C. A. McNamara, Identification of human immune cell subtypes most responsive to IL-1β-induced inflammatory signaling using mass cytometry. Sci. Signal. 14, eabc5763 (2021).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2021年3月9日号

Editor's Choice

オートファジーがSARS-CoV-2にあえぐ

Research Article

細胞質DNAセンサーcGASは好中球細胞外トラップを認識する

走化性因子CXCL5の内在性修飾が受容体利用を変え、好中球および単球に対するその活性を増強する

マスサイトメトリーを用いたIL-1β誘発性炎症性シグナル伝達に最も応答するヒト免疫細胞サブタイプの同定

最新のResearch Article記事

2021年10月5日号

cAMP生成の空間バイアスがPTH 1型受容体活性化に対する生物学的応答を決定する

T細胞の4つのPGE2受容体の個別および共通のシグナル伝達ネットワークを、システムズ・アプローチから解明

2021年9月28日号

SIRPαはSHP-2を隔離してIL-4およびIL-13のシグナル伝達とマクロファージのオルタナティブ活性化を促進する

メタボロミクスによるT細胞誘導性大腸炎の活性スクリーニングから抗炎症性代謝物を解明

2021年9月21日号

ラパマイシンの範囲を超えるmTORC1の生物学を解明する