• ホーム
  • NAADP誘発性Ca2+シグナル伝達においてJPT2は必須条件である

NAADP誘発性Ca2+シグナル伝達においてJPT2は必須条件である

Essential requirement for JPT2 in NAADP-evoked Ca2+ signaling

Research Article

Sci. Signal. 23 Mar 2021:
Vol. 14, Issue 675, eabd5605
DOI: 10.1126/scisignal.abd5605

Gihan S. Gunaratne1,2, Eugen Brailoiu3, Shijun He4, Ellen M. Unterwald3, Sandip Patel5, James T. Slama3,*, Timothy F. Walseth1,*, and Jonathan S. Marchant2,*,†

  1. 1 Department of Pharmacology, University of Minnesota Medical School, 312 Church Street, Minneapolis, MN 55455, USA.
  2. 2 Department of Cell Biology, Neurobiology and Anatomy, Medical College of Wisconsin, 8701 Watertown Plank Road, Milwaukee, WI 53226, USA.
  3. 3 Center for Substance Abuse Research, Lewis Katz School of Medicine at Temple University, Philadelphia, PA 19140, USA.
  4. 4 Department of Medicinal and Biological Chemistry, University of Toledo College of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences, 3000 Arlington Avenue, Toledo, OH 43614, USA.
  5. 5 Department of Cell and Developmental Biology, University College London, Gower Street, London WC1E 6BT, UK.

† Corresponding author. Email: jmarchant@mcw.edu

* These authors contributed equally as co-senior authors.

要約

ニコチン酸アデニンジヌクレオチドリン酸(NAADP)は、セカンドメッセンジャーであり、2孔チャネル(TPC)の活性化を通じて酸性オルガネラからCa2+を放出させ、エンドリソソームの輸送事象を調節する。NAADPの作用は、TPCにNAADPの感受性を与える未知のNAADP結合タンパク質によって媒介される。ここでは、「クリック可能な」NAADPを基にしたフォトプローブを用いてヒトNAADP結合タンパク質を単離し、Jupiter微小管結合ホモログ2(JPT2)を内因性NAADP誘発性Ca2+シグナル伝達に必要なTPCアクセサリータンパク質として同定した。JPT2は、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)偽ウイルスのエンドリソソーム系を介した転位にも必要であった。したがって、JPT2は、TPC依存性Ca2+シグナル伝達とコロナウイルス侵入の制御に不可欠なNAADP受容体複合体の構成因子である。

Citation: G. S. Gunaratne, E. Brailoiu, S. He, E. M. Unterwald, S. Patel, J. T. Slama, T. F. Walseth, J. S. Marchant, Essential requirement for JPT2 in NAADP-evoked Ca2+ signaling. Sci. Signal. 14, eabd5605 (2021).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2021年3月23日号

Editor's Choice

ミトコンドリアの損傷を感知

Research Article

TMEM16Fは免疫シナプスでのバイスタンダーTCR結合CD3の膜解離を仲介してT細胞の活性化を増強する

NAADP誘発性Ca2+シグナル伝達においてJPT2は必須条件である

HN1L/JPT2:NAADPの生成をCa2+マイクロドメイン形成に結び付けるシグナル伝達タンパク質

最新のResearch Article記事

2021年3月30日号

GRK5のN末端ペプチドが圧過負荷肥大心および心不全を軽減する

イノシトール1,4,5-三リン酸3-キナーゼBはCa2+動員と樹状細胞の炎症活性を促進する

2021年3月23日号

TMEM16Fは免疫シナプスでのバイスタンダーTCR結合CD3の膜解離を仲介してT細胞の活性化を増強する

NAADP誘発性Ca2+シグナル伝達においてJPT2は必須条件である

HN1L/JPT2:NAADPの生成をCa2+マイクロドメイン形成に結び付けるシグナル伝達タンパク質