• ホーム
  • EGFは発がん性転写因子を抑制するマイクロRNAの存在量を減少させる

EGFは発がん性転写因子を抑制するマイクロRNAの存在量を減少させる

EGF Decreases the Abundance of MicroRNAs That Restrain Oncogenic Transcription Factors

Research Article

Sci. Signal., 1 June 2010
Vol. 3, Issue 124, p. ra43
[DOI: 10.1126/scisignal.2000876]

Roi Avraham1, Aldema Sas-Chen1, Ohad Manor2, Israel Steinfeld3, Reut Shalgi4*, Gabi Tarcic1, Noa Bossel5, Amit Zeisel5, Ido Amit6, Yaara Zwang1, Espen Enerly7, Hege G. Russnes8, Francesca Biagioni9, Marcella Mottolese10, Sabrina Strano11, Giovanni Blandino9, Anne-Lise Borresen-Dale7, Yitzhak Pilpel4, Zohar Yakhini3,12, Eran Segal2, and Yosef Yarden1†

1 Department of Biological Regulation, Weizmann Institute of Science, 76100 Rehovot, Israel.
2 Department of Computer Science and Applied Mathematics, Weizmann Institute of Science, 76100 Rehovot, Israel.
3 Department of Computer Sciences, Technion-Israel Institute of Technology, 32000 Haifa, Israel.
4 Department of Molecular Genetics, Weizmann Institute of Science, 76100 Rehovot, Israel.
5 Department of Physics of Complex Systems, Weizmann Institute of Science, 76100 Rehovot, Israel.
6 Broad Institute of MIT and Harvard, Cambridge, MA 02142, USA.
7 Faculty of Medicine, University of Oslo, Montebello NO-0317, and Department of Genetics, Institute for Cancer Research, Norwegian Radium Hospital, Oslo University Hospital, 0027 Oslo, Norway.
8 Department of Pathology, Oslo University Hospital, N-0310 Oslo, Norway.
9 Translational Oncogenomic Unit, Regina Elena Cancer Institute, 00128 Rome, Italy.
10 Pathology Unit, Regina Elena Cancer Institute, 00128 Rome, Italy.
11 Molecular Chemoprevention Group, Regina Elena Cancer Institute, 00128 Rome, Italy.
12 Agilent Laboratories, 49527 Tel Aviv, Israel.

* Present address: Department of Biology, Massachusetts Institute of Technology, Cambridge, MA 02142, USA.

† To whom correspondence should be addressed. E-mail: yosef.yarden@weizmann.ac.il

要約:上皮増殖因子(EGF)は、がんにおいて調節が解除されることの多い遺伝子発現プログラムを開始させるこ とによって細胞を刺激する。メッセンジャーRNAの相補領域に結合することによって遺伝子発現を現弱させるマイクロRNAは、がんに幅広く関与している。 全ゲノム的なアプローチを用いて、われわれは、EGFの刺激が、マイクロRNAと転写因子の協調的な転写プログラムを開始させることを示した。最初のイベ ントには、23のマイクロRNAサブセットの存在量の減少が関わっていた。このステップによって、即初期遺伝子にコードされている、c-Fosなどの発が ん性転写因子の迅速な誘導が可能になった。EGF受容体(EGFR)シグナル伝達の抑制因子としての役割と一致して、この初期のマイクロRNAサブセット の存在量が、EGFRあるいはEGFRと密接に関連するHER2によって誘導された乳がんや脳腫瘍において減少していることを報告する。これら結果から、 増殖因子シグナル伝達と腫瘍形成を減弱させる因子として、特定のマイクロRNAが同定される。

R. Avraham, A. Sas-Chen, O. Manor, I. Steinfeld, R. Shalgi, G. Tarcic, N. Bossel, A. Zeisel, I. Amit, Y. Zwang, E. Enerly, H. G. Russnes, F. Biagioni, M. Mottolese, S. Strano, G. Blandino, A.-L. Borresen-Dale, Y. Pilpel, Z. Yakhini, E. Segal, Y. Yarden, EGF Decreases the Abundance of MicroRNAs That Restrain Oncogenic Transcription Factors. Sci. Signal. 3, ra43 (2010).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2010年6月1日号

Editor's Choice

アポトーシス
転写不要

Research Article

EGFは発がん性転写因子を抑制するマイクロRNAの存在量を減少させる

ATMキナーゼの一過性の阻害がDNA損傷誘発性姉妹染色分体交換を乱す

Perspectives

アンモニア:オートファジーを誘発する増殖細胞によって放出される拡散性因子

最新のResearch Article記事

2018年4月17日号

トランケーションおよびモチーフに基づく全がん解析から腫瘍抑制キナーゼを解明

エストロゲン受容体αはT細胞の活性化と増殖を亢進することによってT細胞媒介性の自己免疫性炎症に寄与する

2018年4月10日号

酸素感知FixL-FixJ二成分シグナル伝達系の完全な構造

mTORC1が二孔チャネルTPC2を通したリソソームからのCa2+放出を制御する

キナーゼp38およびJNKの核移行は炎症誘発性がんを促進する