• ホーム
  • プリン作動性シグナル伝達:好中球活性化の基本機構

プリン作動性シグナル伝達:好中球活性化の基本機構

Purinergic Signaling: A Fundamental Mechanism in Neutrophil Activation

Research Article

Sci. Signal., 8 June 2010
Vol. 3, Issue 125, p. ra45
[DOI: 10.1126/scisignal.2000549]

Yu Chen1, Yongli Yao1, Yuka Sumi1, Andrew Li1, Uyen Kim To1, Abdallah Elkhal1, Yoshiaki Inoue1, Tobias Woehrle1, Qin Zhang1, Carl Hauser1, and Wolfgang G. Junger1,2*

1 Department of Surgery, Beth Israel Deaconess Medical Center, Harvard Medical School, Boston, MA 02215, USA.
2 Ludwig Boltzmann Institute for Experimental Traumatology, Vienna A-1200, Austria.

* To whom correspondence should be addressed. E-mail: wjunger@bidmc.harvard.edu

概要:好中球の効率的な活性化は、効果的な免疫応答にとって重要な要件である。われわれは好中球が、Fcγ受容体、インターロイキン-8受容体、補体C5a受容体、およびロイコトリエンB4受 容体を活性化させる細菌性ホルミルペプチドや炎症性メディエーターなどの外因性刺激に応答して、細胞内のアデノシン三リン酸(ATP)を放出することを見 出した。ホルミルペプチド受容体(FPR)が刺激されると、パネキシン-1(panx1)ヘミチャネル経由でATPが放出された。また、FPRは、細胞表 面でP2Y2ヌクレオチド受容体と共局在して、好中球活性化を亢進させるプリン作動性シグナル伝達系を形成した。panx1ヘミチャネルまたはP2Y2受 容体の阻害またはサイレンシングによってこのプリン作動性シグナル伝達系を途絶させると、好中球の活性化が遮断され、細菌感染に対する宿主の自然免疫応答 が損なわれた。このように、プリン作動性シグナル伝達は、好中球活性化と免疫防御にとって必要な基本機構である。

Y. Chen, Y. Yao, Y. Sumi, A. Li, U. K. To, A. Elkhal, Y. Inoue, T. Woehrle, Q. Zhang, C. Hauser, W. G. Junger, Purinergic Signaling: A Fundamental Mechanism in Neutrophil Activation. Sci. Signal. 3, ra45 (2010).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2010年6月8日号

Editor's Choice

機械的シグナル伝達
シグナルを伝えざるを得ない

Research Article

プリン作動性シグナル伝達:好中球活性化の基本機構

β-アレスチンによってバイアスされるアンギオテンシン受容体の機械的ストレス誘導性の活性化

Perspectives

神経細胞死のメディエーターをポリコーム群というコームで取り除く

最新のResearch Article記事

2018年4月17日号

トランケーションおよびモチーフに基づく全がん解析から腫瘍抑制キナーゼを解明

エストロゲン受容体αはT細胞の活性化と増殖を亢進することによってT細胞媒介性の自己免疫性炎症に寄与する

2018年4月10日号

酸素感知FixL-FixJ二成分シグナル伝達系の完全な構造

mTORC1が二孔チャネルTPC2を通したリソソームからのCa2+放出を制御する

キナーゼp38およびJNKの核移行は炎症誘発性がんを促進する