• ホーム
  • 脂質の跡を追う:複数の細胞膜でPI3K機能によって開始されるシグナル

脂質の跡を追う:複数の細胞膜でPI3K機能によって開始されるシグナル

Following the trail of lipids: Signals initiated by PI3K function at multiple cellular membranes

Reviews

Sci. Signal. 17 May 2016:
Vol. 9, Issue 428, pp. re4
DOI: 10.1126/scisignal.aad7885

Adam Naguib

Denali Therapeutics, 201 Gateway Boulevard, South San Francisco, CA 94080, USA. Email: naguib@dnli.com

要約  ホスファチジルイノシトール3,4,5-三リン酸[PtdIns(3,4,5)P3]は、ホスホイノシチド3-キナーゼ(PI3K)/AKT経路のシグナル伝達の通貨であり、この軸を通る伝達は、このシグナル伝達脂質に依存する。PtdIns (3,4,5) P3の形成は、PI3Kの活性化だけでなく、基質であるPtdIns(4,5)P2(ホスファチジルイノシトール4,5-二リン酸)へのPI3Kの局在と接近によっても決定される。PI3K/AKTを介するシグナル伝達は、PtdIns(3,4,5)P3の脱リン酸化によって拮抗される。これまで一般的に、細胞膜に関連する事象と考えられてきたが、現在では、PtdIns(3,4,5)P3の形成と代謝は複数の膜において異なる速度で発生することが認識されている。ホスファチジルイノシトール脂質キナーゼおよびホスファターゼの活性の調節が、細胞内の複数の部位で経路のシグナル伝達状態を定義する、複雑に組織化された脂質の勾配に関与する。

Citation: A. Naguib, Following the trail of lipids: Signals initiated by PI3K function at multiple cellular membranes. Sci. Signal. 9, re4 (2016).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年5月17日号

Editor's Choice

Epoを標的にして貧血を治療する

Research Article

細胞内陽イオンチャネルTRIC-B欠損マウスはコラーゲン産生を損ない、骨石灰化不全を示す

BTG1は、ステアロイル-CoA不飽和化酵素1(SCD1)量を減少させ、肝脂質代謝を変えることにより脂肪肝を改善する

Themis1はVav1活性とGrb2の安定性の促進により胸腺細胞の発生中のT細胞受容体シグナル伝達を亢進する

Reviews

脂質の跡を追う:複数の細胞膜でPI3K機能によって開始されるシグナル

最新のReviews記事

2020年3月24日号

生死不問のおたずね者RAS:RAS変異がん標的治療の進展

2020年2月18日号

慢性炎症性疾患の治療薬としてのSMAC模倣薬およびRIPK阻害剤

2020年1月7日号

コンテキスト特異的PI3Kシグナル伝達コードを解く

2019年9月17日号

細胞内病原体による宿主細胞受容体チロシンキナーゼの標的化

2019年8月13日号

偽酵素の分類、進化、およびシグナル伝達の新しい概念