• ホーム
  • ヒト細胞における異なる194の受容体転写産物の同時プロファイリング

ヒト細胞における異なる194の受容体転写産物の同時プロファイリング

Simultaneous Profiling of 194 Distinct Receptor Transcripts in Human Cells

Research Resources

Sci. Signal., 6 August 2013
Vol. 6, Issue 287, p. rs13
[DOI: 10.1126/scisignal.2003624]

Byong H. Kang*, Karin J. Jensen*, Jaime A. Hatch, and Kevin A. Janes†

Department of Biomedical Engineering, University of Virginia, Charlottesville, VA 22908, USA.

* These authors contributed equally to this work.

† Corresponding author. E-mail: kjanes@virginia.edu

要約:多くのシグナル伝達カスケードは膜貫通型受容体から始まり、受容体の有無および存在量が細胞応答を指令する。われわれは、ヒトゲノムにおける194の膜貫通型受容体の転写産物の存在と相対量のハイスループットプロファイリングのための有効性を確認した定量的逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(qRT-PCR)試薬のアレイを提供する。われわれは、このqRT-PCRアレイが従来型のオリゴヌクレオチドアレイやエクソンアレイよりも、検出された受容体転写産物プロファイルに関して高い感受性と特異性を持つことを見いだした。qRT-PCRアレイはまた、RNA配列決定(RNA-seq)によるアデニル化RNA種の深度の高いシークエンスよりも正確に機能的受容体の有無を識別した。qRT-PCRアレイに基づく受容定転写産物プロファイルを4つの主な組織(膵臓、皮膚、乳房および結腸)を代表するヒト細胞株に適用することにより、シグナル伝達能が増強した一群の細胞株を同定し、組織系譜の規定における受容体サイレンシングの役割を明らかにした。インターロイキン-10(IL-10)受容体をコードする遺伝子IL10RAの黒色腫細胞における異所性発現は、通常このタイプの細胞ではみられないIL-10のオートクリンループを引き起こし、シグナル伝達、遺伝子発現、および炎症誘発刺激に対する細胞応答を変化させた。このアレイは、ヒトのどんな細胞や組織のタイプにも受容体発現特性を割り当てられる迅速で安価で便利な手法を提供する。

B. H. Kang, K. J. Jensen, J. A. Hatch, K. A. Janes, Simultaneous Profiling of 194 Distinct Receptor Transcripts in Human Cells. Sci. Signal. 6, rs13 (2013).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2013年8月6日号

Editor's Choice

神経科学
痛みを伴う長鎖ノンコーディングRNA

Research Article

受容体AXLはトリプルネガティブ乳がん細胞においてEGFRシグナル伝達を多様化し、EGFRを標的とする阻害薬への反応を限定する

Aktシグナル伝達の妨害が酸化ストレスの影響を制限することで心筋梗塞と死亡から保護する

Research Resources

ヒト細胞における異なる194の受容体転写産物の同時プロファイリング

最新のResearch Resources記事

2018年4月17日号

インターロイキン-2は細胞傷害性T細胞プロテオームおよび免疫環境感知プログラムを形作る

2018年3月6日号

cAMPr:環状AMPに対する単一波長蛍光センサー

2017年12月5日号

オキシトシンのわずかな修飾によって効力を維持したまま種を通じた選択性を改善するリガンドが生成される

2017年11月14日号

Affimer(Adhiron)技術を用いたSUMO-1およびSUMO-2/3媒介タンパク質間相互作用の特異的阻害剤の作製

2017年10月31日号

TLR4の定量的単一分子イメージングによってリガンド特異的な受容体の二量体化が明らかに