• ホーム
  • cAMPr:環状AMPに対する単一波長蛍光センサー

cAMPr:環状AMPに対する単一波長蛍光センサー

cAMPr: A single-wavelength fluorescent sensor for cyclic AMP

Research Resources

Sci. Signal. 06 Mar 2018:
Vol. 11, Issue 520, eaah3738
DOI: 10.1126/scisignal.aah3738

Christopher R. Hackley1, Esteban O. Mazzoni1,2, and Justin Blau1,2,3,*

1 Department of Biology, New York University (NYU), 100 Washington Square East, New York, NY 10003, USA.
2 NYU Neuroscience Institute, NYU Langone Medical Center, New York, NY 10016, USA.
3 Center for Genomics and Systems Biology, NYU Abu Dhabi Institute, Abu Dhabi, United Arab Emirates.

* Corresponding author. Email: justin.blau@nyu.edu

要約

遺伝的にコードされた蛍光センサーは、イオンおよび低分子の細胞特異的測定をリアルタイムで可能にする。環状アデノシン一リン酸(cAMP)は、ほぼすべての細胞型および生物における最も重要なシグナル伝達分子の一つである。本稿では、新規の単一波長cAMPセンサーであるcAMPrについて報告する。本研究では、細菌および胚性幹細胞内cAMPrを開発し、本センサーをin vitroで哺乳類ニューロン内および無傷の脳でDrosophila概日ペースメーカーニューロン内で検証した。他の単一波長cAMPセンサーと比べて、cAMPrはcAMP量の定量的検出を改善した。また、cAMPrは単一光子、二光子のいずれのイメージングにも適合する。これにより、cAMPrと赤色蛍光Ca2+センサーRCaMP1hの併用でDrosophilaの脳におけるCa2+およびcAMPを同時にモニタリングすることが可能となった。以上、cAMPrは、遺伝的にコードされた新規の汎用cAMPセンサーである。

Citation: C. R. Hackley, E. O. Mazzoni, J. Blau, cAMPr: A single-wavelength fluorescent sensor for cyclic AMP. Sci. Signal. 11, eaah3738 (2018).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2018年3月6日号

Editor's Choice

感染は概日リズムを変化させる

Research Article

外側手綱におけるコルチコトロピン放出因子シグナル伝達の役割と幼少期ストレスによるその調節

脾臓白血球が心不全における炎症の消散を決定する

分裂促進性ではなく炎症性条件がp38阻害に対する補償シグナル伝達応答へ滑膜線維芽細胞を向かわせる

Research Resources

cAMPr:環状AMPに対する単一波長蛍光センサー

最新のResearch Resources記事

2021年9月7日号

BRETに基づくGタンパク質バイオセンサーを用いた恒常的Gタンパク質共役受容体活性化の定量的評価

2021年3月16日号

痛みの機構と治療標的を発見するためのリガンド-受容体インタラクトームのプラットフォーム

2021年1月12日号

SARS-CoV-2に用いられる細胞侵入システムにおける短鎖モチーフ候補とそれらの潜在的な治療上の意味

2020年12月8日号

新規のTNFR2アゴニスト抗体によるきわめて強力な制御性T細胞の増殖

2020年12月1日号

トランスオミクス解析から肥満における肝臓のグルコース応答性代謝の変化に関わるアロステリック経路と遺伝子調節経路が明らかに