• ホーム
  • アミノ酸枯渇はRagファミリーGTPaseであるGtr1に対するGTPase活性化タンパク質複合体を介してTORC1を阻害する

アミノ酸枯渇はRagファミリーGTPaseであるGtr1に対するGTPase活性化タンパク質複合体を介してTORC1を阻害する

Amino Acid Deprivation Inhibits TORC1 Through a GTPase-Activating Protein Complex for the Rag Family GTPase Gtr1

Research Article

Sci. Signal., 28 May 2013
Vol. 6, Issue 277, p. ra42
[DOI: 10.1126/scisignal.2004112]

Nicolas Panchaud*, Marie-Pierre Péli-Gulli*, and Claudio De Virgilio†

Department of Biology, Division of Biochemistry, University of Fribourg, CH-1700 Fribourg, Switzerland.

* These authors contributed equally to this work.

† Corresponding author. E-mail: claudio.devirgilio@unifr.ch

要約:グアノシントリホスファターゼ(GTPase)のRagファミリーはラパマイシン標的タンパク質複合体1(TORC1)を活性化することにより、アミノ酸に応答した真核細胞の増殖を調節する。ヒトのがんでは、多くの場合この経路の調節が解除されている。酵母では、アミノ酸がGTP(グアノシン5'三リン酸)と、RagファミリーGTPaseであるGtr1との結合を促進し、GDP(グアノシン二リン酸)結合Gtr2とともに、活性なTORC1刺激GTPaseヘテロ二量体を形成する。われわれは、Npr2およびNpr3との複合体を形成し、Gtr1に対するGAP(GTPase活性化タンパク質)として機能するIml1を特定した。アミノ酸枯渇下で、Iml1は一時的に液胞膜でGtr1と相互作用し、その内因性GTPase活性を刺激することにより、TORC1の活性を抑えた。本研究の結果は、ヒトにおいて保存されていると考えられる、オーソロガスなタンパク質Iml1、Npr2およびNpr3が腫瘍形成を抑制する機序を明らかにするものである。

N. Panchaud, M.-P. Péli-Gulli, C. De Virgilio, Amino Acid Deprivation Inhibits TORC1 Through a GTPase-Activating Protein Complex for the Rag Family GTPase Gtr1. Sci. Signal. 6, ra42 (2013).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2013年5月28日号

Editor's Choice

細胞生物学
ミトコンドリアのRbがアポトーシスを促進する

Research Article

アデノシンにより媒体されるシグナル伝達経路はGTPアーゼRap1Bのプレニル化を抑え、細胞分散を促進する

チロシンキナーゼBMXは、複数の受容体チロシンキナーゼの活性化を媒介する初回刺激ホスホチロシンモチーフをリン酸化する

動的予測モデルの自動生成によって核内リン酸化が主要なMsn2制御機構であることが明らかに

アミノ酸枯渇はRagファミリーGTPaseであるGtr1に対するGTPase活性化タンパク質複合体を介してTORC1を阻害する

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する