• ホーム
  • 包括的表現型解析により明らかになった核小体サイズの保存された制御因子

包括的表現型解析により明らかになった核小体サイズの保存された制御因子

Conserved Regulators of Nucleolar Size Revealed by Global Phenotypic Analyses

Research Article

Sci. Signal., 20 August 2013
Vol. 6, Issue 289, p. ra70
[DOI: 10.1126/scisignal.2004145]

Ralph A. Neumüller1*, Thomas Gross1*, Anastasia A. Samsonova1, Arunachalam Vinayagam1, Michael Buckner1, Karen Founk2, Yanhui Hu1, Sara Sharifpoor2, Adam P. Rosebrock2, Brenda Andrews2, Fred Winston1†, and Norbert Perrimon1,3†

1 Department of Genetics, Harvard Medical School, Boston, MA 02115, USA.
2 Donnelly Centre, University of Toronto, Toronto, Ontario M5S 3E1, Canada.
3 Howard Hughes Medical Institute, Harvard Medical School, Boston, MA 02115, USA.

* These authors contributed equally to this work.

† Corresponding author. E-mail: perrimon@receptor.med.harvard.edu (N.P.); winston@genetics.med.harvard.edu (F.W.)

要約:細胞増殖の制御は、発生や疾病において細胞内外の膨大な情報を統合する基礎過程である。この過程の中心的役者は、核小体のリボソームRNA(rRNA)を転写するRNAポリメラーゼI(Pol I)である。急速に増殖するがん細胞は、Pol Iに媒介される転写の増加とそれによる核小体肥大によって特徴付けられる。核小体サイズとPol Iに媒介される転写の制御の基となる遺伝子ネットワークをマッピングするため、われわれは、出芽酵母(Saccharomyces cerevisiae)およびキイロショウジョウバエ(Drosophila melanogaster)における核小体サイズのゲノム規模の機能欠失比較解析とリボソームDNA(rDNA)プロモーターの質量分析に基づく解析を行った。この手法を用いて、われわれは、核小体サイズを制御する保存された分子複合体と保存されていない分子複合体を一式同定した。さらに、酵母のrRNA転写抑制におけるヒストン情報制御因子(HIR)複合体の直接的役割を明らかにした。本研究は、核サブコンポーネントの全ゲノム異種間解析を提供し、この手法が保存された分子モジュールを同定しうることを示した。

R. A. Neumüller, T. Gross, A. A. Samsonova, A. Vinayagam, M. Buckner, K. Founk, Y. Hu, S. Sharifpoor, A. P. Rosebrock, B. Andrews, F. Winston, N. Perrimon, Conserved Regulators of Nucleolar Size Revealed by Global Phenotypic Analyses. Sci. Signal. 6, ra70 (2013).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2013年8月20日号

Editor's Choice

生理学
心臓を修復する

Research Article

包括的表現型解析により明らかになった核小体サイズの保存された制御因子

アダプター分子TRAF6とTRAF3の下流のToll様受容体シグナル伝達を、チロシンキナーゼSykが特異的に制御する

マクロファージにおけるリポ多糖シグナル伝達を阻害するにはアダプタータンパク質DOK3とDAP12の物理的相互作用が必要

Reviews

長鎖非コードRNAと造血の病理学的および機能的関連の可能性

最新のResearch Article記事

2020年3月31日号

4-1BB共刺激は非標準的NF-κBシグナル伝達を介してCAR T細胞の生存を促進する

カルモジュリンはファルネシル化KRAS4bの脂質部分を隔離することでその細胞膜局在化を阻害する

Gタンパク質活性化の固有の有効性の低さにより新しいオピオイドアゴニストの改善された副作用プロファイルを説明できる

2020年3月24日号

ヒト代謝アトラス

非標準的STAT1はリン酸化によって転写活性がLPS誘導性IL-6およびIL-12p40産生の促進に拡大する