• ホーム
  • 母体の高血糖は胎児期神経管異常を導くASK1–FoxO3a–カスパーゼ8経路を活性化する

母体の高血糖は胎児期神経管異常を導くASK1–FoxO3a–カスパーゼ8経路を活性化する

Maternal Hyperglycemia Activates an ASK1–FoxO3a–Caspase 8 Pathway That Leads to Embryonic Neural Tube Defects

Research Article

Sci. Signal., 27 August 2013
Vol. 6, Issue 290, p. ra74
[DOI: 10.1126/scisignal.2004020]

Peixin Yang1,2*, Xuezheng Li1, Cheng Xu1, Richard L. Eckert2, E. Albert Reece1,2, Horst Ronald Zielke3, and Fang Wang1

1 Department of Obstetrics, Gynecology and Reproductive Sciences, University of Maryland School of Medicine, Baltimore, MD 21201, USA.
2 Department of Biochemistry & Molecular Biology, University of Maryland School of Medicine, Baltimore, MD 21201, USA.
3 Department of Pediatrics, University of Maryland School of Medicine, Baltimore, MD 21201, USA.

* Corresponding author. E-mail: pyang@fpi.umaryland.edu

要約:神経管異常は、発生過程の神経管閉鎖不全に起因する。母体の糖尿病は神経管異常の実質的な危険因子であり、これまでの事実は、高血糖を神経管異常に結びつける機構が酸化ストレスおよびアポトーシスに関与することを示唆している。われわれは、母体の高血糖が発生中の神経管におけるアポトーシスシグナル調節キナーゼ1(ASK1)の活性化と相関し、Ask1遺伝子の欠損が神経上皮細胞のアポトーシスおよび神経管異常の発生の減少と関係することを示した。ASK1の活性化は転写因子FoxO3aの活性を刺激し、それがアポトーシス促進アダプタータンパク質TRADDの存在量を増やし、カスパーゼ8の活性化を導いていた。FoxO3aあるいはCasp8の遺伝学的除去あるいはチオレドキシンによるASK1の阻害によって、高血糖により誘導されるアポトーシスおよび神経管異常の発生が減少した。ヒトの神経管異常を発症した神経組織を調べると、ASK1、FoxO3a、TRADDおよびカスパーゼ8の活性化あるいは存在量の増加が明らかとなった。このように、ASK1FoxO3aTRADDカスパーゼ8経路の活性化は神経管異常の発生に関係し、このカスケードの中間体の阻害により予防しうる。

P. Yang, X. Li, C. Xu, R. L. Eckert, E. A. Reece, H. R. Zielke, F. Wang, Maternal Hyperglycemia Activates an ASK1FoxO3aCaspase 8 Pathway That Leads to Embryonic Neural Tube Defects. Sci. Signal. 6, ra74 (2013).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2013年8月27日号

Editor's Choice

神経科学
甘味の中の苦味を感知する

Research Article

侵害受容性感覚ニューロンにおける局在型カルシウムシグナル伝達によるClチャネルANO1の活性化にはIP3受容体との共役が必要である

母体の高血糖は胎児期神経管異常を導くASK1–FoxO3a–カスパーゼ8経路を活性化する

O-GlcNAcグリコシル化によるNF-κBタンパク質c-Relの転写機能の活性化

活性化ループの動力学がB細胞特異的TecキナーゼおよびT細胞特異的Tecキナーゼでそれぞれ異なる触媒効率を決定する

最新のResearch Article記事

2020年3月31日号

4-1BB共刺激は非標準的NF-κBシグナル伝達を介してCAR T細胞の生存を促進する

カルモジュリンはファルネシル化KRAS4bの脂質部分を隔離することでその細胞膜局在化を阻害する

Gタンパク質活性化の固有の有効性の低さにより新しいオピオイドアゴニストの改善された副作用プロファイルを説明できる

2020年3月24日号

ヒト代謝アトラス

非標準的STAT1はリン酸化によって転写活性がLPS誘導性IL-6およびIL-12p40産生の促進に拡大する