• ホーム
  • O-GlcNAcグリコシル化によるNF-κBタンパク質c-Relの転写機能の活性化

O-GlcNAcグリコシル化によるNF-κBタンパク質c-Relの転写機能の活性化

Activation of the Transcriptional Function of the NF-κB Protein c-Rel by O-GlcNAc Glycosylation

Research Article

Sci. Signal., 27 August 2013
Vol. 6, Issue 290, p. ra75
[DOI: 10.1126/scisignal.2004097]

Parameswaran Ramakrishnan1*, Peter M. Clark2, Daniel E. Mason3, Eric C. Peters3, Linda C. Hsieh-Wilson2, and David Baltimore1†

1 Division of Biology, California Institute of Technology, Pasadena, CA 91125, USA.
2 Division of Chemistry and Chemical Engineering and Howard Hughes Medical Institute, California Institute of Technology, Pasadena, CA 91125, USA.
3 Genomics Institute of the Novartis Research Foundation, San Diego, CA 92121, USA.

* Present address: Department of Pathology, School of Medicine, Case Western Reserve University, Cleveland, OH 44106, USA.

† Corresponding author. E-mail: baltimo@caltech.edu

要約:転写因子の核因子κB(NF-κB)は、様々な刺激に応答して遺伝子発現を迅速に再プログラムし、その活性は、リン酸化、メチル化、およびアセチル化を含むいくつかの翻訳後修飾により制御されている。O-結合型β-N-アセチルグルコサミン付加(O-GlcNAc化として知られる過程)は、高血糖や細胞ストレスなどの状態で亢進される、豊富に存在する翻訳後修飾である。われわれは、O-GlcNAc化によってNF-κBサブユニットc-Relが修飾され、活性化されることを報告する。われわれは、セリン350を、c-RelのDNA結合およびトランス活性化機能に必要とされる、O-GlcNAc化の部位として同定した。この残基のO-GlcNAc化を遮断すると、T細胞受容体(TCR)活性化に応答した、サイトカインをコードする遺伝子IL2IFNG、およびCSF2のc-Relを介した発現が抑制されたのに対し、細胞タンパク質のO-GlcNAc化の程度を増大させると、これらの遺伝子の発現が亢進した。NFKBIA(IκBαをコードする)およびTNFAIP3(A20をコードする)といった、他のNF-κB標的遺伝子のTCRまたは腫瘍壊死因子(TNF)誘導性の発現は、c-RelのO-GlcNAc化と無関係に生じた。われわれの結果から、1型糖尿病などの状態における、ヘルパーT細胞サイトカイン産生の亢進によるT細胞を介した自己免疫の促進において、高血糖により誘導されるc-RelのO-GlcNAc化が刺激特異的な役割をもつことが示唆される。

P. Ramakrishnan, P. M. Clark, D. E. Mason, E. C. Peters, L. C. Hsieh-Wilson, D. Baltimore, Activation of the Transcriptional Function of the NF-κB Protein c-Rel by O-GlcNAc Glycosylation. Sci. Signal. 6, ra75 (2013).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2013年8月27日号

Editor's Choice

神経科学
甘味の中の苦味を感知する

Research Article

侵害受容性感覚ニューロンにおける局在型カルシウムシグナル伝達によるClチャネルANO1の活性化にはIP3受容体との共役が必要である

母体の高血糖は胎児期神経管異常を導くASK1–FoxO3a–カスパーゼ8経路を活性化する

O-GlcNAcグリコシル化によるNF-κBタンパク質c-Relの転写機能の活性化

活性化ループの動力学がB細胞特異的TecキナーゼおよびT細胞特異的Tecキナーゼでそれぞれ異なる触媒効率を決定する

最新のResearch Article記事

2020年3月31日号

4-1BB共刺激は非標準的NF-κBシグナル伝達を介してCAR T細胞の生存を促進する

カルモジュリンはファルネシル化KRAS4bの脂質部分を隔離することでその細胞膜局在化を阻害する

Gタンパク質活性化の固有の有効性の低さにより新しいオピオイドアゴニストの改善された副作用プロファイルを説明できる

2020年3月24日号

ヒト代謝アトラス

非標準的STAT1はリン酸化によって転写活性がLPS誘導性IL-6およびIL-12p40産生の促進に拡大する