• ホーム
  • オートクリンWntが胚性幹細胞の生存とゲノム安定性を制御する

オートクリンWntが胚性幹細胞の生存とゲノム安定性を制御する

Autocrine Wnt regulates the survival and genomic stability of embryonic stem cells

Research Article

Sci. Signal. 10 Jan 2017:
Vol. 10, Issue 461,
DOI: 10.1126/scisignal.aah6829

Iris Augustin1,*,†, Dyah L. Dewi1, Jennifer Hundshammer1, Gerrit Erdmann2, Grainne Kerr1, and Michael Boutros1,*

1 German Cancer Research Center (DKFZ), Division of Signaling and Functional Genomics, and Department of Cell and Molecular Biology, Medical Faculty Mannheim, Heidelberg University, Heidelberg 69120, Germany.
2 NMI TT Naturwissenschaftliches und Medizinisches Institut Technologie Transfer GmbH Pharmaservices, Berlin 13353, Germany.

* Corresponding author. Email: m.boutros@dkfz.de (M.B.); i.augustin@dkfz.de (I.A.)

Present address: Department of Cell Biology, Faculty of Biotechnology and Bioinformatics, University of Applied Science Weihenstephan-Triesdorf, Freising 85354, Germany.

要約
Wntシグナル伝達は幹細胞の自己再生と分化に重要な役割を果たしている。Wntリガンドの分泌にはEvi(別名Wls)が必要である。Eviの遺伝子欠損は、冗長な全Wntタンパク質が枯渇した結果を検討するための実験的アプローチを可能とし、一方でEviの過剰発現は、非特異的にWntシグナル伝達を亢進させる手段である。われわれはEviを欠損および過剰発現したマウス胚性幹細胞(ESC)を作製し、自己再生および分化におけるオートクリンWnt産生の役割を分析した。その結果、Evi欠損ESCでは自己再生が抑制され、Evi過剰発現ESCでは、ESCの自己再生を支持する白血病抑制因子の非存在下において自己再生が亢進した。Eviを過剰発現させたときESCから心筋細胞への分化が亢進し、in vivoにおけるEvi欠損ESCの奇形腫形成および増殖が障害されていた。このことは、ESCの分化および生存にはオートクリンWntリガンドが必要であることを示唆している。オートクリンWntシグナル伝達を欠損しているESCは、有糸分裂が障害され、ゲノム不安定性を示していた。まとめると、われわれの研究は、オートクリンWntの分泌はESCの生存、染色体の安定性、分化および腫瘍形成能に重要であることを示している。

Citation: I.Augustin, D. L. Dewi, J. Hundshammer, G. Erdmann, G. Kerr, M. Boutros, Autocrine Wnt regulates the survival and genomic stability of embryonic stem cells. Sci. Signal. 10, eaah6829 (2017).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年1月10日号

Editor's Choice

腫瘍はCXCL12で痛みを遮断する

Research Article

E3ユビキチンリガーゼE6APの存在量低下が非小細胞肺がんにおけるINK4/ARF遺伝子座の発現低下に寄与する

オートクリンWntが胚性幹細胞の生存とゲノム安定性を制御する

セロトニンシグナル伝達とオピオイドによるシグナル伝達の相乗的な調節がNav1.7ノックアウトマウスにおける疼痛の非感受性に寄与する

二成分制御系の非系列パートナーによるシグナル伝達は尿路病原性大腸菌(Escherichia coli)におけるポリミキシンBに対する内因的耐性を促進する

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する